国内女子プロゴルフ10代ツアー初V爆誕続く4つの理由「藍ちゃんブーム」が出発点


(尾関はトップを狙えるか(C)日刊ゲンダイ)

 話題に事欠かない昨今の女子プロゴルフ界。昨年プロテストに合格したばかりの岩井千怜(20)が先月のCATレディースでツアー初制覇からの2週連続優勝(史上3人目)を達成、日本女子プロ選手権はプロ1年生の19歳・川崎春花がツアー初優勝。翌週は同期の尾関彩美悠(19)も続き、2週連続で19歳プロが勝った。

 2003年のミヤギテレビ杯で高校3年の宮里藍が優勝し、「藍ちゃんブーム」が起きた。その後も横峯さくら(当時19歳)、勝みなみ(同15歳)、畑岡奈紗(同17歳)、古江彩佳(同19歳)らこれで13人が、10代でツアー初優勝を遂げている。

「最近はプロとアマの差がないようなもの」という声も聞こえるが、「女子ジュニアのレベルが上がったのは事実です」と、ゴルフライターのマーク金井氏がこう語る。

■人口増、指導体制、世界アマ惨敗、サイエンス…

「藍ちゃんブームにより小学校に入る前後からゴルフを始める女子が非常に増えた。女子ジュニアの人口増加は大きいです。そして、1993年に坂田信弘プロがジュニア塾を開校したことをきっかけに、全国にジュニアを受け入れて指導する体制が整ってきた。女子プロツアーは98年ごろからアマを積極的に出場させるようになり、中学生や高校生の参戦が急増。プロの試合でも本気で上位を狙っている。指導力のあるコーチも多くなった」

 さらに金井氏は続ける。

「14年の世界アマチュア選手権(軽井沢)は、日本が52年ぶりに開催国になったが、男子の団体は67カ国中29位、女子は50カ国中8位。この惨敗でジュニア強化に本腰を入れる気になった日本ゴルフ協会が翌年、オーストラリアのナショナルチームコーチのガレス・ジョーンズ氏をヘッドコーチに招聘。日本のトップジュニアの強化につながっている。畑岡、古江、勝、稲見(萌寧)、西村(優菜)らはジョーンズコーチの教え子です。ナショナルチームのメンバーだけでなく、今のジュニアはスイング解析やトラックマンなどで弾道を計測し、スイングやパッティング、ショットなどをあらゆる角度で解析し、サイエンスでゴルフを身につけている。今は、プロテストに合格してすぐに活躍できる土壌がある。次から次に若くて強い女子プロが出てきますよ」

 女子プロ人気はまだまだ続きそうだ。

関連記事(外部サイト)