関西OP首位発進 藤田寛之“省エネ”スイングはアマのお手本

関西OP首位発進 藤田寛之“省エネ”スイングはアマのお手本

体への負担が少ない藤田のスイング(C)日刊ゲンダイ

【関西オープン】初日

 来月16日に50歳になり、シニアツアー出場資格を獲得する藤田寛之が、3連続を含む7バーディー(1ボギー)を奪い、H・W・リュー(37=韓国)、今平周吾(26)とともに6アンダー首位タイに並んだ。大会初日は13番でエッジから10メートルをパターで決め、15番は12メートルを沈めるなど面白いようにバーディーを積み重ねていった。

「残り少ないレギュラー生活を満喫したい」(藤田)と言うが、22年連続で賞金シードをキープするベテランだ。芹澤信雄プロを師に仰ぎ、同門の宮本勝昌(46)は今月の中日クラウンズで勝っている。

 長くツアーで戦う秘訣は何か? 小暮博則プロがこう解説する。

「藤田プロも宮本プロも高いトップから、腰を水平に回して、インサイドからクラブの入射角が緩やかなフェードヒッターです。まるで筒の中でくるっと回転しているようで、大きな体重移動も上下動もありません。両肘は常に胸の正面にあって、腕と体の一体感に優れ、ボールコントロールもうまい。ヘッドスピードを上げて、パワーでボールを飛ばすのではなく、ミート率重視のコンパクトなスイングで飛ばしており、体への負担が少ない。それが競技人生を長く続けられるコツだといえます。体を上下や左右に大きく揺さぶっているだけでボールが飛ばないと嘆くアマチュアには、藤田プロのスイングは大いに参考になります」

 高いトップから高いフィニッシュへとクルッと腰を水平に回す藤田の“省エネ”スイングは、軌道が不安定なアマに役立つお手本といえる。

関連記事(外部サイト)