女子ツアーは層の薄さ深刻…毎週同じ顔ぶれと黄金世代ばかり

女子ツアーは層の薄さ深刻…毎週同じ顔ぶれと黄金世代ばかり

鈴木もピーク年齢に近づいている(C)共同通信社

【ニチレイレディス】最終日

 鈴木愛(25)が高橋彩華(20)とのプレーオフを制し、大会連覇と2週連続優勝(今季3勝目)を遂げて、賞金ランクでも1位に立った。

 テレビ解説の岡本綾子は実力者と黄金世代の活躍に、「見ごたえのある面白い試合でしたね」とコメントした。

 だが、「本当にそう思ったのか?」と、評論家の宮崎紘一氏がこう指摘する。

「試合は相手の凡ミスで鈴木に勝利が転がり込んだわけで、最後はしまりがなかった。女子プロでも2オン可能な18番パー5は落とし穴もあり、選手それぞれの立場や心理状況がミスを呼び、スコアに表れたといえます」

■女子プロのピーク年齢26歳

 本戦18番では首位タイに並んでいた比嘉真美子(25)がフェアウエーからの2打目を左奥バンカーに曲げて、1回で脱出できずにボギー。

 プレーオフ1ホール目は高橋が先に打って、左に曲げた。2打目はフェアウエーに刻むだけで本戦のようにバーディーを決められず、2オンの鈴木は楽々と2パットバーディーだった。

「比嘉は前週のサントリーで鈴木に1打差の2位だった。2週続けて負けられないという気負いが、フェアウエーという絶好ポジションからミスを招いた。高橋は優勝争いもプレーオフも初めてという緊張があって、ティーショットを左に引っ掛けた。それを見たら鈴木はセンターに運ぶだけでよく、手堅くフェアウエーをキープした時点で勝敗が決まったといえます」(前出の宮崎氏)

 今大会トップ10(11選手)の平均年齢は24.18歳。20代は9人で、黄金世代は5人もいた。

「女子プロのピーク年齢は26歳というデータがあり、その通りになっている。低年齢化は見た目は華やかですが、黄金世代の中から突出した選手が見当たらない。それに鈴木がベテランとはいえ、まだ25歳。最近、ツアーで活躍するのは鈴木、比嘉(1勝)、上田桃子(2勝)、申ジエ(2勝)に黄金世代という同じ顔ぶればかり。女子ツアー全体の層の薄さが気になります」(前出の宮崎氏)

 かつて圧倒的な強さを誇った不動裕理は2003年に10勝を挙げ、00年から6年連続の賞金女王に輝いた。鈴木は今季3勝と1度の賞金女王タイトルで“実力者”と祭り上げられても、困るだろう。

関連記事(外部サイト)