全英OP初優勝S・ローリーが見せた“リンクスゴルフ”の真髄

全英OP初優勝S・ローリーが見せた“リンクスゴルフ”の真髄

ウイニングパットを決めて喜ぶローリー(C)ロイター/Bildbyran

【全英オープン】最終日

 1951年以来68年ぶりに「全英オープン」が開催された北アイルランドのロイヤルポートラッシュGC。「クラレットジャグ」(優勝トロフィー)を初めて手にしたのはアイルランド出身のS・ローリー(32)だった。通算16アンダーの首位発進から、強風や横殴りの雨に見舞われながら1オーバーの72にまとめ、2位T・フリートウッド(28)に6打差をつける、ただ一人2ケタアンダーの通算15アンダーで優勝。30センチのウイニングパットを決めた瞬間、18番グリーンは歓喜の渦に包まれた。

「家族、キャディーに感謝したい。(優勝トロフィーを)母と父、家族に渡すことができて幸せだ」(ローリー)

 今年は久しぶりに「全英」らしい過酷なコンディションが選手を苦しめた。ボールは強風に流され、膝上まで伸びた深いラフにつかまる。ウエッジでもフェアウエーに出すことさえままならない。雨と冷たい風で体温は奪われ、レインウエアを着たり、脱いだりも煩わしい。

 だが優勝したローリーは「リンクスではこんな天候は当たり前」と言わんばかりに淡々とプレー。雨が弱くなるとすぐにレインウエアを脱ぎ寒さも気にせず半袖になった。ティーショットやアイアンショットは風の影響を受けにくい低弾道のボールを打ち続け、第1打をラフに入れてもどうにかボギーで抑えた。ローリーは4日間で23バーディー、8ボギーでダブルボギー以上はない。

■ダボ厳禁

 ポートラッシュ在住のD・クラークは風向きや強さが一定しないため、「このゴルフ場で昨日の練習は意味をなさない」と言ったそうだが、グリーン上のボールが動くほどの強風の中ではショットを100%コントロールすることなど世界のトッププロでもできない。それでも、どんな状況であれ、必死にパーを拾い、最悪でもボギーに抑え、ダブルボギーをたたかないことがリンクスの戦い方だ。ゴルファー心理として、「ダボ」を取り返そうと無理をすればズルズルとスコアを崩し、やがて気持ちが切れるのがリンクスの怖さだ。ちなみに、10位までの選手で最終日にダブルボギーを打った選手は、フリートウッド(14番)とファウラー(1、10番)の2人しかいなかった。

 今回日本勢は7人のプロが出場し、5人が予選落ちと、メジャーで歯が立たなかった。決勝ラウンドに残った2人も下位に沈んだ。勝ったローリーとの差は歴然としており、日本選手のメジャー優勝などこれから先100年たっても無理なのがわかる。

▼6オーバー・67位 浅地洋佑(26)
「風が吹くと急に狙いどころが狭くなる。(グリーン上も)スライスと思ったらフックするし、その逆もある。風を計算しないと入らない。全英で上に行くために足りないものが浮き彫りになった」

▼9オーバー・72位 稲森佑貴(24)
「歯が立たなかった。球筋が強い人がフェアウエーキープできる。突風とか吹いてくる中で、僕の弱い球筋ではすぐに流されてしまう。風の読みもぜんぜん甘い」

関連記事(外部サイト)