J・スピースがドタバタ優勝 終盤猛攻は“グリーンの怪物”

J・スピースがドタバタ優勝 終盤猛攻は“グリーンの怪物”

ハプニングにも動じなかった(C)AP

 M・クーチャー(39)との一騎打ちはJ・スピ―ス(23)に軍配が上がったが、メジャー3勝目はドタバタだった。

 前半はショットがブレて3打スコアを落とし、2人は通算8アンダーで並び折り返す。最大のトラブルは13番。第1打を右へ大きく曲げた直後に頭を抱えた。ボールは深いラフに入り、目の前には10メートル以上の高いマウンドがある。グリーンを狙えずアンプレアブルを宣言したものの、後方のドロップ地点には用具メーカーのバスが連なりクラブが振れない。救済を受け、練習場にドロップした。ここまで20分以上も要したが、スピースは冷静だった。ピンまでは約260ヤード。3番アイアンで右のガードバンカー手前でまで運び、アプローチを2メートルに寄せてボギーで収めた。

 このボギーで初日から守ってきた首位の座をクーチャーに明け渡すと“スイッチ”が入った。14番で1・3メートルのバーディーパットを沈めて首位に並び、15番はピンまで257ヤードの第2打を手前8メートルに乗せてイーグルを奪い再び単独首位。16番7メートル、17番も2メートルのパットを決めて14番からの4ホールで5アンダーの猛反撃で逃げ切った。

「苦しいスタートだったが、キャディーのマイケルが協力してくれた。2人で手にしたトロフィーだ。全英に勝つのが夢だった。次の目標はグランドスラムを達成することだ」

 スピースはクラレットジャグ(優勝トロフィー)を手に喜びを噛みしめた。

 五輪競泳で23個の金を獲得したM・フェルプス(32)は「水の怪物」と呼ばれている。スピースは今年2月、「怪物」に偉大なチャンピオンになるための助言を受けた。パットの名手で知られるスピースが見せた終盤の猛攻は、まさに「グリーンの怪物」だった。史上6人目となるキャリアグランドスラムがかかる8月の全米プロ(10日開幕)はこの男が主役となる。

関連記事(外部サイト)