2年ぶりVの成田美寿々 “パッティング女王”願望の落とし穴

2年ぶりVの成田美寿々 “パッティング女王”願望の落とし穴

成田美寿々(C)日刊ゲンダイ

【大東建託・いい部屋ネットレディス 最終日】

 首位発進の成田美寿々(24)が逃げ切り、2年ぶりツアー通算8勝目を果たした。

 大会4日間で22バーディーを奪い、ボギーは1つ。最終日4番パー4の3パットボギーだけだった。今季から従来のコーチに加え、パット担当コーチとも新たに契約して2人体制になり、ショット、パットともに自信を深めていた。

「やっと勝てた。2年間勝てなかったことがないので、苦しんで勝てて強くなれたと思う。パッティングの女王になりたいと今年は意識している。平均バーディー数4.0、平均パット1.7を達成すれば賞金女王も近づく。がんがんバーディーを取っていきたい」(成田)

 田原紘プロがこう言う。

「以前のスイングはインパクトが強かったけれど、振りがコンパクトになり戦えるスイングになった。キム・ハヌルやイ・ボミのように軸回転でスイングして、下半身リードでくるっと目標に向いている。ただ、今週勝ったからといって、パターは簡単に答えは出てこない。真価が問われるのはこれから」

 パットの名手と呼ばれた田原プロによると、グリーンは刈り高が全部同じでも、池に近い湿り気のあるグリーンや、風通しがよく乾いたグリーンではスピードが違ってくる。芝目でも転がりは18ホールすべて同じではない。もちろん会場が変わればグリーンはもっと変わる。

「今大会はキャディーとの息が合い、ライン読みとタッチが合って好スコアが出た。しかし、それは基準にならない。スイングはある程度できたら、良い悪いの波はなくなる。しかしパットは同じことをやっても、来週も入るという保証はない。ショットで成績上位に来ることはあるが、優勝争いになればパットに頼る比率が大きくなる。もう一つ勝ちたいという欲が出るとパットも入らなくなる。すると、なぜだろうと悩みが深くなる。プロでもショットよりもパットの方が深みにはまりやすいのです」(前出の田原プロ)

 成田はパッティング女王を口にした瞬間に、すでにドツボの始まりかもしれない。

関連記事(外部サイト)