石川遼の弟が主催者推薦出場 外野からは“やっかみ”の声

石川遼の弟・航がライザップKBCオーガスタに主催者推薦出場 外野から"やっかみ"も

記事まとめ

  • ライザップKBCオーガスタに石川遼の弟・航が2年連続で出場している
  • 航は進学校の県立浦和高校3年生で卒業後にはプロを目指すという
  • 外野からは「遼のスポンサーがライザップだから出場できた」という声があがっている

石川遼の弟が主催者推薦出場 外野からは“やっかみ”の声

石川遼の弟が主催者推薦出場 外野からは“やっかみ”の声

練習ラウンドで調整する石川航(C)共同通信社

【ライザップKBCオーガスタ 初日】

 米下部ツアーとの入れ替え戦に出場する石川遼(25)の弟でアマチュアの航(17)が2年連続で出場している。

 進学校の県立浦和高校3年生で卒業後にはプロを目指すという。

 イン発進の初日は前半40と崩れたが、折り返しての5番パー4でチップインイーグルを決めて35と盛り返し3オーバー97位タイ。昨年大会初日は10オーバー138位の最下位発進だっただけに少しは成長している。

「前半は浮足立って自分のプレーができず悔しかった。後半はラッキーなイーグルもあって自分のプレーができた」

 だが、外野がかまびすしい。「遼のスポンサーがライザップだから出場できた」「予選通過できる実力もないのに出場させるのはおかしい」「アマチュアで出場させるなら他に有力選手がいる」と異様に騒いでいる。もちろん主催者推薦であり、大会出場には何の瑕疵もない。ゴルフファンでも顔と名前が一致しないシード選手はゾロゾロいる。そんな無名プロより、石川遼の弟のほうがよっぽど注目されて大会に役立つと推薦したわけだ。

 アマより低く見られている現状を、プロはもっと自覚すべきなのだ。


関連記事(外部サイト)