海外では力不足の池田が楽々V 日本ツアーの“ぬるま湯”体質

海外では力不足の池田が楽々V 日本ツアーの“ぬるま湯”体質

本大会3度目の優勝(C)日刊ゲンダイ

【ライザップKBCオーガスタ】

 優勝争いは首位タイ発進の池田勇太(31)と上井邦裕(34)の2人に絞られ、ともに4つスコアを伸ばして13番を終わって通算17アンダーで並走していた。

 ところが実測315ヤードとワンオン可能な14番パー4で上井がグリーン手前のラフからのアプローチに失敗して3パットボギー。1打差のまま18番を迎えると、また上井がティーショットを右に曲げてラフにつかまり極端な左足上がりのライ。

「そこでもう勝っちゃったと思っちゃったね」(池田)と敵失からもう笑いが止まらず、表情が緩みっぱなしだった。

 ノンプレッシャーから上がりホールでようやく池田がバーディーを決めて本大会2年ぶり3度目の優勝を果たした。とはいえ、2人がサンデーバックナインで奪ったバーディー数はたった3つだけだ。

 評論家の宮崎紘一氏がこう言う。

「プロの勝負は最後までどうなるかわからない、ハラハラ、ドキドキがあるから面白い。ところが日本男子ツアーに限って、緊張感が全然ない。ゴルフファンなら池田が今季海外へ積極的に出て行ってメジャー4試合は全部予選落ち、さしたる結果を残せなかったのをよく知っている。それで日本に帰ってくればヘラヘラ笑いながら勝ててしまうレベルの低さにも気付いている。米ツアーではいつも打ちのめされて苦虫を噛みつぶしたような顔をしていたが、それと好対照だったのも日本ツアーの現状をよく物語っています」

 池田のバックナインもひどかった。ティーショットがグリーンに届く14番は3番ウッドを手にしながら左に大きく曲げて、ただのパー。16番は3メートルのバーディーチャンスがカップに届かず、17番では4メートルのバーディーパットがカップにけられてパーと、上井を突き放すことができなかった。下位からの追い上げが激しい海外では、すんなり逃げ切りとはいかなかったはずだ。

 ちなみに池田が今季海外10試合で手にした賞金は12万1241ドル(約1330万円)。昨日の優勝賞金は2000万円。日本男子ツアーの“ぬるま湯”体質がよくわかる。


関連記事(外部サイト)