プロ初Vは5年前…首位発進の木戸愛“遠い2勝目”への課題

プロ初Vは5年前…首位発進の木戸愛“遠い2勝目”への課題

久々に優勝のチャンスにつけた木戸(C)日刊ゲンダイ

【ゴルフ5レディス 初日】

「難しいコースでタフな一日だったけど、フェアウエーから打てたホールはチャンスメークできて、パッティングもいい感じで決まってくれた。それでいいスコアにつながった」

 初日(1日)、3アンダー単独トップに立ったプロ10年目の木戸愛(27)だ。

 172センチと恵まれた体格の持ち主だが、初勝利からすでに5年が経ち、2勝目が遠い。今季1位発進は初めて。昨季はサマンサタバサ、センチュリー21と2度あったが、いずれも2位に終わっている。

「木戸は今どきの女子プロにしては礼儀正しく、話し言葉がちゃんとしている。ただメンタル面はそれほど強くない。勝てないのが不思議というよりも、たまたま5年前に1勝したという印象の方が強い」(ゴルフ記者)

 さらに、グリーン回りからの小技がトップ選手との差につながっていると指摘する声もある。だから、「最後の1打、2打を争った時に勝ちきれない」(前出の記者)といわれる。

 実際、昨年のセンチュリー21では最終日18番の2メートルバーディーパットを決められずに、パット巧者のアン・ソンジュに逆転負けを食らっている。

「木戸は勝ちたい勝ちたいという気持ちが強すぎる。だから緊張や焦りが表情に出てしまい、ため息をつくこともあった。それでは自身を追い詰めて息苦しくなるばかりか、目の前で優勝を争うライバルに余裕を与えてしまう。今回のチャンスを生かして2勝目を挙げられるかは、メンタル面の浮き沈みを極力抑えることができるかにかかっているでしょう」(前出の記者)

 今大会は賞金ランクトップ10のうち5選手が欠場し、4位テレサ・ルー、9位アン・ソンジュも初日に相次いで棄権した。

 強豪プロが多数不在でVチャンスありだが、メンタルコントロールがカギになるはずだ。

関連記事(外部サイト)