観客たまらず応援…“日本一のバンカー”に女子プロ大苦戦

観客たまらず応援…“日本一のバンカー”に女子プロ大苦戦

香妻琴乃もバンカーに大苦戦(C)日刊ゲンダイ

【ゴルフ5レディス】最終日

「日本一」を恨んだはずだ。

 最終日の香妻琴乃(25)は、首位と2打差の通算3アンダーでスタートしたが、上位陣のバーディー合戦には加われずに、3アンダーで迎えた名物ホールの17番パー3(169ヤード)で悲劇が待っていた。グリーン左手前にあるガードバンカーのアゴは「日本一」と呼ばれ、高さは約6メートル。第1打が名物バンカーにつかまった香妻は一発で脱出したものの、ボールはグリーン奥のラフへ。そこからのアプローチは下り傾斜で加速し、再び「日本一」のバンカーにポトリ。今度は一発でアゴを越えず、2発目もアゴの傾斜を逆戻り。見かねたギャラリーから「がんばれ!」という声援が飛び、3発目でようやくグリーンに乗ると拍手が湧き起こった。

 香妻は6オン2パットの「8」という屈辱の大たたきで通算2オーバー28位に終わったが、同3オーバー33位だった川満陽香理(30)も、このバンカーから2発打っても出せず、4打目はグリーン手前のラフに打って5オン2パットだった。

 さすがに6メートルものアゴは珍しいが、グリーン面が自分の背丈より高いバンカーはよくある。自身も「日本一のバンカーに入れたことがある」という並木俊明プロに、アゴの高いバンカーからの打ち方を聞いた。

「スタンスはやや開き、ボールは左足のつま先より5〜10センチぐらい左に置く。サンドウエッジのフェースは自分の顔を向くほど開きますが、リーディングエッジは目標方向に向いている。高さと同時に距離も出したいので、クラブは短く持たず、ヘッドファーストで構える。通常のバンカーショットみたいにバウンスを使ったエクスプロージョンでは脱出できません。ホームランを怖がらず、ドライバーショットのつもりでゆっくり思い切り、ボールの下を振り抜く。アゴの高さにもよりますが、斜面から1メートル以内ならグリーンを狙わないこと。ラフや花道に出せばボギーで上がれることもある」

 20年前にこのコースでトーナメントが行われていた時はアンダーパーの女子プロは数えるほどだったが、今回は優勝スコアが12アンダーで、アンダーパーフィニッシュは17人もいた。

「ティーインググラウンドを前に出して距離を短くし、ピンをやさしい位置に切ってグリーンに水をまいてボールを止まりやすくすればスコアは伸びる」(前出の並木プロ)

 17番のバンカーだけはやさしくできなかったということか。

関連記事(外部サイト)