「優勝は2ケタに」岡本綾子からの“挑戦状”に勝つのは誰?

【日本女子プロ コニカミノルタ杯】岡本綾子が女子プロに"挑戦状" 「優勝は2ケタに」

記事まとめ

  • 今大会は岡本綾子がセッティングを手掛けており、通常大会に比べてかなりタフだそう
  • 初日は日没サスペンデッドになり首位タイ柏原明日架、一ノ瀬優希から10位まで混戦
  • 岡本は、「優勝スコアは2ケタにいくでしょう」と女子プロに挑戦状を突きつけた格好に

「優勝は2ケタに」岡本綾子からの“挑戦状”に勝つのは誰?

「優勝は2ケタに」岡本綾子からの“挑戦状”に勝つのは誰?

公式戦3連勝を狙うキム・ハヌル(C)日刊ゲンダイ

【日本女子プロ コニカミノルタ杯】

 初日は日没サスペンデッドになり、4アンダー首位タイ(暫定)に並んだ柏原明日架(21)と一ノ瀬優希(28)から、3打差10位タイまでに26選手がひしめく混戦になった。

 今大会は岡本綾子がセッティングを手掛けており、フェアウエーを絞ってラフを伸ばすなど、ラフがほとんどない通常大会に比べてかなりタフだ。実際、雨が降った第1ラウンドは水分をたっぷり含んだラフからの脱出にてこずるプロが続出した。

 岡本は、「優勝スコアは2ケタにいくでしょう」と語って女子プロに挑戦状を突きつけた格好だが、勝つのはショートアイアンやパッティングが得意な選手という条件を付けている。

 比嘉真美子(23)から「優勝スコアは7アンダーか」と尋ねられると、「私があなたの若さなら10アンダーで勝つ」とまで言っている。

 女子プロに10アンダーまで伸ばす実力が果たしてあるのか。

 田原紘プロがこう言う。

「この大会はスコアが伸びる試合ではなく、どれだけ我慢強くボギーやダブルボギーをたたかないかが問われる。岡本の若い頃の飛距離は半端ではなく10アンダーも可能だった。だが、そこまでスコアを伸ばして、試合を盛り上げて欲しいとハッパをかけたかったのだろう。天気との兼ね合いもあるが7アンダー、6アンダーが優勝スコアの目安になると思う」

 2日目からは天候も回復するが、ラフは下3分の1が濡れておりボールは上がりづらい。ショットを曲げていたらスコアが伸びず、アンダーパー選手も減ってくる。

 フェアウエーキープ率がスコアメークのカギになり、曲がり幅が一定した自分の持ち球を持っている選手は強い。

「1日1アンダーでいけば優勝に絡めると読んでいる鈴木愛はいいスタートを切ったといえます。過去2勝の実績があり、パットもうまく戦い方をよく知っている。初日2アンダーで貯金が1つでき、2日目はパープレーでもいいと気持ちに余裕ができたのが大きい。またスイングでは下半身リードでインパクトを強く入れない1打差3位のキム・ハヌルや、スイングに定評のある3打差10位のテレサ・ルーも簡単に崩れないので上位に絡んでくるでしょう。3週前に久しぶりに勝って、先週は韓国の試合でも好調だったイ・ボミも調子を上げておりダークホースといえます」(田原プロ)

「優勝2ケタ」をブチ上げた岡本の鼻をあかす女子プロが現れるのか、けだし見ものだ。


関連記事(外部サイト)