44歳片山のマッチプレーVが物語る 日本男子ツアーの現実

44歳片山のマッチプレーVが物語る 日本男子ツアーの現実

マナーにも問題アリ(C)共同通信社

【ISPSハンダ マッチプレー選手権 最終日】

 片山晋呉(44)が決勝でH・W・リュー(36)を3アンド2で下して今季初、ツアー通算31勝目を挙げた。さらにツアー最高賞金5000万円を獲得して、前週までの賞金ランク70位から一気に4位へ浮上した。

 優勝のイーグルパットを決めた瞬間に腰が砕けたようにペタンと座り込み、両手でバンバンとグリーンをたたくなどマナーに問題アリ。会見は意気揚々だった。

「一番確率の低い試合で勝てたのは大きい。(マッチプレーは)競技時間が長く、回復力がある若い人が有利なのは間違いない。けさは自分ではできずにトレーナーに体をほぐしてもらった。30代ではなかった。そんな中で勝ち上がってこれたのでうれしい」(片山)

 最終日のギャラリー数はたった884人。累計でも2704人と少なく、テレビ中継はなくハイライト放送だけだ。

「主催者は観客が集まらなくても、テレビ中継がなくても構わない、それより男子プロのレベルアップのためにマッチプレー開催にこだわったのです」と評論家の宮崎紘一氏。

 多少のミスがあっても取り返しがつく72ホールのストロークプレーとは違い、マッチプレーは目の前の相手を倒して勝ち続けなければ優勝できない。一打一打が真剣勝負。コースを見て、相手を見て、自分の調子と状況を判断しての駆け引きも必要だ。技術だけでなく、精神力、体力など総合力が求められる試合形式だ。

「マッチプレーの真剣勝負で選手の潜在能力を引き出して、日本ツアーのレベルを引き上げるのが今大会の目的でした。それが世界でまったく通用しない、しかも44歳の片山の優勝では日本ツアーのレベルの低さを改めてあぶりだしたことになる。海外では20代前半のJ・スピースやJ・トーマスが大活躍しているのと正反対。日本ツアーの若手プロの一打に対する集中力や真剣さの欠如をよく物語る結果でした」(前出の宮崎氏)

 要するに日頃から生ぬるいゴルフで、真剣勝負が身に付いていないことが露呈したわけだ。

関連記事(外部サイト)