若手女子プロ“いい加減ゴルフ”で外国勢4連覇は阻めるか

若手女子プロ“いい加減ゴルフ”で外国勢4連覇は阻めるか

初日2位タイにつけた岡山絵里(C)日刊ゲンダイ

【マンシングウェアレディース東海クラシック】

 今大会は14年から、申ジエ、キム・ハヌル、テレサ・ルーと外国選手の優勝が続いている。初日7アンダーで首位に立ったのは、昨年、テレサにプレーオフで負けた全美貞(34)だ。6アンダーの2位タイには、岡山絵里(21)と比嘉真美子(23)の2人が並んだ。比嘉は8月のNEC軽井沢で4年ぶりの3勝目を挙げたが、プロ3年目の岡山も今季はたびたび上位に顔を出し、27試合でベスト10入りが6試合ある。

「ドライバーには不安要素が少しあるが、何とかごまかしている。このスコアが出たのはアイアンがいいからです。7番アイアン以下で打てるところでバーディーが取れた。調子は悪くないです。ウッド系がうまくいってなくて、迷いながらやっている感じです」

 初日のプレーをこう振り返った岡山は7月下旬の大会でイ・ボミの専属キャディー(清水重憲氏)と2度目のコンビを組んだ。そこで数々の助言をもらうと同時に、ピンポジションを考えずにティーショットを打って注意されたことがあったという。

 その点について、ある大会関係者が次のように言う。

「岡山に限らず、ジュニアのころから試合経験が豊富でも、第1打の狙いどころがアバウトなプロがけっこういます。例えばパー4なら、ピンポジションと第2打の残り距離を計算してティーショットの落としどころやクラブを選択しなければならない。この作業をキャディー任せにしたり、いい加減な選手は、ホールアウト後、報道陣から『あのホールの2打目は何ヤード残っていて、アイアンは何番だったのか? バーディーパットのラインと距離は?』と質問されても正確に答えることができない。もっとも最近は、1番から18番まで、ピンまでの残り距離と使用クラブなどをすべて記憶している選手が少なくなったのも事実ですが」

 首位の全美貞は、3月のヨコハマタイヤPRGRカップで通算25勝目を挙げ、生涯獲得賞金は10億円を突破。勝つことに貪欲な韓国選手を倒すには、どんなコースでも緻密なコース戦略が必要だ。

関連記事(外部サイト)