賞金女王狙う鈴木愛 30歳までに“貯金15億円”夢じゃない

賞金女王狙う鈴木愛 30歳までに“貯金15億円”夢じゃない

まだプロ5年目の23歳(C)日刊ゲンダイ

【大王製紙エリエール女子オープン 初日】

 娘をプロにしたい父親の気持ちがよくわかる。

 国内女子ツアーは残り2試合。賞金女王争いのトップに立つ鈴木愛(23)が初日、5アンダー、2位と好スタートを切った。

 鈴木の今季獲得賞金は約1億2701万円。2013年にプロ入りしてからこれまで約3億6920万円の賞金を稼ぎ出した。

 国内男子ツアーで賞金王争いのトップを走る小平智(28)の妻・古閑美保(35)は現役だった08年に賞金女王になった。テレビのバラエティー番組で、10億円に少し足りない貯金があり、一生困らないと公言。スポンサーとの契約金やボーナス、CM収入があったので、貯金には一切手をつけなかったという。

 鈴木はPINGとクラブ契約を結んでおり、15年2月には、米国に本社を置く顧客関係管理(CRM)関連企業の所属となった。賞金は銀行で眠らせていても困らないだけのカネはある。

 今大会の優勝賞金は1800万円。鈴木が勝てば通算獲得賞金額は約3億8720万円となり、勢いそのまま最終戦(優勝2500万円)も制すれば、その額は4億1000万円を超える。まだプロ5年目の23歳。30歳までに15億円の貯金も夢じゃない。毎日シコシコ働いているのがバカバカしくなる。

関連記事(外部サイト)