女王狙う渋野日向子 最高賞金大会49位発進でも笑顔の理由

女王狙う渋野日向子 最高賞金大会49位発進でも笑顔の理由

出遅れでも始終笑顔(C)日刊ゲンダイ

マスターズGCレディース(兵庫・マスターズGC)の優勝賞金は国内最高の3600万円。渋野は今季、国内26試合で約1億1407万円を稼ぎ出し、もっか賞金ランク2位。トップの申ジエとは約600万円差だ。「女王」の座を狙うには初日から飛び出したいところだが、2バーディー、3ボギーの73。首位に6打差49位と出遅れた。それでもプレー中は終始笑顔。同組の勝みなみ、稲見萌寧と談笑する姿にギャラリーからは「仲良しアマのラウンドみたい」という声も。会見で渋野は「スコアはよくなかったけど楽しいゴルフでした」と言った。

 ちなみに、渋野のラウンド別の平均スコアは初日(71・3868=11位)がワースト。賞金女王に向けては、「この試合で上位に行けば近づける。しっかり頑張りたい」と大会前から意気込みを語っていた。

 2日目は大雨で中止が決まったが、土曜日以降は「爆発」が期待できるか?

関連記事(外部サイト)