渋野日向子のボールが男性の胸に…“ギャラリー効果”で逆転V再現か

渋野日向子のボールが男性の胸に…“ギャラリー効果”で逆転V再現か

渋野日向子(C)日刊ゲンダイ

逆転優勝の兆候か?

 マスターズGCレディース(兵庫・マスターズGC)2日目の渋野日向子(20)は、降雨によるコースコンディション不良のため2時間36分遅れでスタート。1番(パー5)の第1打は左に曲げて男性ギャラリーの胸部を直撃した。渋野は現場に着くと「ケガはありませんか?」と聞き「大丈夫」との答えにホッとひと安心。謝罪してサインボールを手渡した。ギャラリーに当たったボールはフェアウエーに戻っていたので2打目をグリーン近くに運び、3オン1パットのバーディーだった。この日は3ホールを残して日没サスペンデッド。26日に再開し、第2ラウンドを終え、7バーディー、1ボギーの通算5アンダー、6位タイ。

 渋野は9月のデサント女子東海クラシックでも、2日目の9番で第1打を左に曲げて男性ギャラリーの背中に当てた。ギャラリーにケガはなく、渋野は深々と頭を下げて謝罪。サインボールを渡した。翌日の最終日は首位に8打差の20位タイからの発進。64の猛チャージでまさかの逆転優勝。年間獲得賞金は1億円を突破した。

 第2ラウンドの首位は渋野と同組で回った稲見萌寧(20)で通算9アンダー。“ギャラリー効果”による逆転優勝の再現はあるか。

関連記事(外部サイト)