美人プロ柏原明日架Vも…“暴言醜聞”で露呈した女子ツアーのドロドロ

美人プロ柏原明日架Vも…“暴言醜聞”で露呈した女子ツアーのドロドロ

逆転勝利した柏原明日架(C)日刊ゲンダイ

【マスターズGCレディース】最終日

 27日の女子ツアーのマスターズGCレディース(兵庫・マスターズGC)最終日は、柏原明日架(23)が通算14アンダーで今季2勝目。6打差をひっくり返す逆転勝利に、美人プロとして名高い端正な顔を綻ばせた。

 注目の渋野日向子(20)は、3バーディー3ボギーとスコアを伸ばせず、通算6アンダーの12位タイ。「本当にポンコツ」と自虐的に笑ったものの、この日も「シンデレラスマイル」で大勢のギャラリーの注目を集め、大会を盛り上げた。

 そんな人気プロの笑顔の裏で、協会は醜聞の対応に追われた。この日の朝のデイリースポーツ紙上で、日米ツアー61勝の岡本綾子氏がある選手の暴言騒動を“告発”。クラブハウス内の風呂場でバスタオルを持ってくるようコース関係者に依頼した選手が、それを断られると「死ね」と面罵したというのである。

 暴言の主は、数年前まで賞金女王争いの常連だったベテラン選手といわれるが、そもそもコース側がタオルを撤収したのは、備品の紛失が続発するという選手のマナーが原因だ。渋野らの若手世代の台頭で盛り上がる女子ツアーも、一皮めくればこのありさまである。

関連記事(外部サイト)