ウッズ歴代最多タイ82勝の偉業を日本で ZOZOでは賞金以外にいくら稼いだか

ウッズ歴代最多タイ82勝の偉業を日本で ZOZOでは賞金以外にいくら稼いだか

ウッズ人気は健在(C)日刊ゲンダイ

【ZOZOチャンピオンシップ】

 日本で初開催の米ツアーとなった今大会で、タイガー・ウッズ(43)が歴史的Vを成し遂げた。

 前日、日没により7ホールを残して首位をキープ。28日7時半に再開された最終日はスタートの12番でいきなりボギーをたたいたものの、14番のパー5でバーディーを奪い返すなど、2バーディー1ボギーの通算19アンダーで優勝。18番のバーディーパットを決めた瞬間、右手を上げギャラリーの声援に応えた。初日から首位を守る完全Vは、米ツアー通算82勝目。サム・スニード(故人)が1936年から65年にかけてマークした米ツアー最多勝利記録に並ぶ歴史的勝利になった。

■省エネスイングで正確性が向上

 ギャラリーが会場に入れたのは木曜日(1万8536人)と日曜日(2万2678人)だけ。だが、たった2日間だけでトータル4万1214人になり、今季ツアー最多だった中日クラウンズ(4日間2万8060人)を大きく上回った。

 それも初日から首位独走のウッズのプレーをひと目見たいと全国からファンが集まったからだ。

 今年は4月のマスターズで11年ぶりにメジャー優勝を遂げ、世界中に「復活V」を印象付けた。その後は鳴かず飛ばずだったが、13年ぶりの来日となった今大会は、フェアウエーキープ率こそ65.38%(ランク7位タイ)だったものの、平均パット数1.618、バーディー数27はともにランク1位。安定感が光った。

「今週はスイングに力みが消えていた」とトッププロのスイング解析に詳しく、会場でウッズを見た小暮博則プロがこう解説する。

「テークバックでは骨盤を右上に移動させるヒップスライドを取り入れて腰をねじるよりも負担軽減に役立っている。右腰を後ろに回すのではなく、上に切り上げる動きです。トップからインパクトにかけては、左ひざがターゲットに流れる大きな動きがなくなり、ひざへの負担も少ない。より省エネスイングになり、パワーを補うスイングの正確性が高くなった。軸がぶれず、疲れにくいシンプルなスイングになっています」

 ウッズが20代、30代の全盛期には、ダウンからインパクトにかけて、左サイドの突き上げが激しく、力ずくでボールを飛ばしていた。だから腰やひざに大きな負担をかけて何度も手術をすることになった。それが体にやさしいスイングを手に入れたことで、43歳になっても初日から首位キープの原動力になっている。


賞金より高額出場料

 ファッション通販サイトのZOZOが主催する今大会は賞金総額975万ドル(約11億円)。優勝賞金も175万ドル(約2億円)と高額だが、ウッズが久しぶりに日本を訪れたのは、トーナメント出場だけが目的ではない。

 18日に来日したウッズは20日、ウエア契約を結ぶナイキのトークイベントでファンを沸かせ、その一環として明大和泉キャンパスを訪れ、体育会ゴルフ部(女子部)らとの交流イベントも行った。

 翌21日には大会コースで、ウッズ、R・マキロイ、J・デイ、松山英樹の4選手による18ホールのスキンズマッチで2位タイとなり、6万ドル(約650万円)の賞金を手にした。

「それはチップみたいなもんですよ」と、あるツアー関係者が言う。

「今回のスキンズマッチは35万ドル(約3800万円)の分捕り合戦。その程度の賞金だけではトップ選手は出てくれない。当然、出場料(アピアランスマネー)が出ている。マッチの主催は、米ディスカバリー社です。昨年、米国以外の放映権についてPGAと12年間で20億ドル(約2240億円=当時)の巨額契約を結び、今年1月からゴルフ専門の映像プラットフォーム「GOLFTV」にウッズを起用。複数年のパートナーシップ契約を結んだウッズの契約金は日本円で50億円ともいわれている。今回のスキンズマッチはそれとは別に、100万ドル(約1億900万円)程度のアピアランスマネーが出ているはずです」

■まさに“おいしい”来日

 ウッズは大会初日のホールアウト後、ドライビングレンジで約30分のゴルフクリニックを行い、多彩な技術を披露した。もちろん、これもファンサービスではない。

「主催はウッズが用具契約を結ぶテーラーメイドゴルフです。このイベントもギャラが出ている。たった30分でもウッズのクリニックです。10万ドル(約1090万円)なんてことはありません」(前出の関係者)

 ということは、トークイベント、スキンズマッチ(賞金含む)、ゴルフクリニックだけでも、総額2億円前後の実入りがあったとみられている。

 さらに、今大会の優勝賞金約2億円を加えて、ざっと4億円を稼いだとすれば、おいしい来日だったといえるだろう。

■松山猛追及ばず16アンダー2位

 3打差2位の松山英樹(26)は、同16アンダーで終え、米ツアー6勝目はならなかった。13番から再開した松山は16番でバーディーを奪って2打差に詰めたが、17番でバーディーチャンスを逃す。最終18番では2度バンカーに阻まれた。

関連記事(外部サイト)