好発進の渋野日向子 米ツアー通算2勝目に立ちはだかる「英会話」

好発進の渋野日向子 米ツアー通算2勝目に立ちはだかる「英会話」

黙っているしかない?(左からトンプソン、ソヨン、渋野)/(C)日刊ゲンダイ

【TOTOジャパンクラシック】第1日

 今週は勝手が違う。

 米ツアー3戦目の渋野日向子(20)。17番のバーディーで4アンダーまでスコアを伸ばすも、18番は1メートルのパーパットをカップの右に外してボギー。それでも69の3アンダーで首位に2打差なら悪くない。

 今大会は国内唯一の米国女子ツアー公式戦でもあり、米ツアーメンバー43人が参加(国内ツアーメンバー35人)している。初日の渋野は、飛ばし屋のL・トンプソン(24)とメジャー2勝のユ・ソヨン(29)とラウンドした。

 国内ツアーでの渋野は、同世代の選手と同組になるとニコニコしながらよく雑談する。それが彼女のプレースタイル。ところがこの日、英語が話せない渋野はトンプソンとソヨンとの会話に入れず、話し相手はキャディーだけだった。

 あるツアー関係者がいう。

「キャディーとしか話さない渋野を見かねたのか、10番ホールでソヨンの方から渋野に話しかけていたが、会話は長続きしなかった。渋野は先月の(日本)女子オープンの時も、畑岡とソヨンと回った。ソヨンに質問されても簡単なことしか答えられず、2人が会話しているときは蚊帳の外。『まるで米国にいるみたい』と言ってましたね。予選の2日間は畑岡がいたので、たまに談笑できたからまだよかった。この大会は2日目も、リュウ・ユー(23)とN・ラーセン(26)という米ツアーメンバーと回る。渋野が全英で勝ったことはもちろん知っている。アレコレ話しかけてくるかもしれません。3日目以降のペアリングも日本人選手がいない可能性もある。会話の問題で集中力を欠かなければいいのですが」

 生半可な英会話は禁物だ。

関連記事(外部サイト)