無観客での開催決定 韓国女子プロ選手権のコロナ対策とは

無観客での開催決定 韓国女子プロ選手権のコロナ対策とは

イ・ボミ以外にも…(C)日刊ゲンダイ

韓国女子プロゴルフ協会(KLPGA)は7日、5月14日から開催される第42回KLPGA選手権大会を無観客で行うことを最終決定した。

 ただし、賞金総額を当初の23億ウオン(約1億9933万円)から30億ウオン(約2億6000万円)と増額。さらに出場選手を144人から異例の150人と出場枠を増やすことを決めた。

 当初、キム・サンヨル会長は観客を導入することを主張したが、反対意見も多く、結局、無観客に落ち着いた。今回のKLPGA選手権大会は、「コロナ克服、大韓民国ファイティング!」とサブタイトルがつけられ、母国に帰国中の世界中の韓国選手が参加する大規模なイベントになると期待されていた。日本からはアン・ソンジュやイ・ボミ、米国からはパク・ソンヒョン、キム・セヨン、キム・ヒョージュ、イ・ジョンウン6らも出場する。

 国内派からも美人ゴルファーとして知られるパク・キョルやキム・ジヒョン、チェ・へジンら、実力と美貌を備えた選手が出場するオールスター的な大会となる見通しだ。パク・インビやユ・ソンヨンらは出場を辞退した。

 KLPGAや関係者の間では、史上最高のイベントで観客が入場すると収拾がつかないと憂慮した。当初賞金総額は23億ウオンだったが、KLPGA側は今年の大会が中止されたため、累積財源(約61億ウオン=約5億2867万円)に余裕があったこと、さらにキム会長が保有する湖畔建設の追加支援や、会場のレークウッドCCが防疫態勢などで5億ウオン(約4333万円)相当を負担することなどを決めている。

 大会主催者は放送局、スポンサー、選手会、マネジメント会社、病院や防疫担当者らがTF(タスクフォース)をつくり、準備態勢を完了した。

 選手だけが入場できるラウンジも特別に設定し、体温や消毒態勢も準備。練習用のボールやフェアウエーロープの消毒などもすべて終えている。選手同士はプレー中、2メートル以上の距離を保つという。

 テレビ放送を担当するSBSが、本来4日間で放送予定の26時間を合計30時間に拡大することを決め、会場に行けないファンのために2億ウオン(約1735万円)を追加投入して特別放送プログラムを組む予定だ。

 韓国のプロ野球は5日に開幕し、サッカーのKリーグも8日から始まった。6日には図書館や博物館なども71日ぶりに再開。韓国は日常生活に向かって歩き始めた。

(国際ジャーナリスト・太刀川正樹)

関連記事(外部サイト)