コロナ禍の中…韓国女子プロゴルフ選手権は異様な雰囲気【現地報告】

コロナ禍の中…韓国女子プロゴルフ選手権は異様な雰囲気【現地報告】

ホールアウト後、記者の質問に答えるイ・ボミ

パンデミック(世界的大流行)の中で世界初。日本でも注目されている韓国女子プロゴルフ選手権(ヤンジュ・レークウッドCC=6540ヤード・パー72)が14日、無観客で開幕した。賞金総額30億ウオン(約2億6000万円)、優勝2億2000万ウオン(約2000万円)。

 出場選手は150人。イ・ボミ、アン・ソンジュ、ぺ・ソンウらが参戦している。

 メディアが取材できるのは1番と10番のスタートエリアだけ。フェアウエーを歩くことはできない。選手への個別インタビューも許可されておらず、キャディーは常時マスク着用が義務づけられている。

 選手もプレーに入る時はマスクを外すことができるが、ホールアウトの瞬間から次のホールまでは着用。キャディーバッグからのクラブの出し入れも選手自身が行う。

 今回のために特別に準備されたラウンジに戻る選手がマスクをしていないケースもあり、警備員から注意される場面を幾度も目撃した。スタートホールには普段よりも多くのメディアが殺到。全員がマスク姿で撮影、取材するという異様な光景がみられた。

 試合はMDFという方式で最下位の150位でも約625万ウオン(約54万円)を受け取れる。初日トップは5アンダーのペ・ソンウら3選手。イ・ボミとアン・ソンジュは首位と7打差、2オーバー83位タイと出遅れた。

(写真・文=国際ジャーナリスト・太刀川正樹)

関連記事(外部サイト)