マキロイら慈善ゴルフで救済金6億円 日本人プロでの開催は夢のまた夢

米ツアーのローリー・マキロイら慈善ゴルフで救済金6億円 医療現場などを支援

記事まとめ

  • 新型コロナウイルスの医療現場などを支援する慈善ゴルフが、米フロリダ州で行われた
  • 参加したのは、世界ランク1位のR・マキロイをはじめ、D・ジョンソンら人気4選手
  • キャディーなしで行われ、550万ドル(約5億9000万円)の救済金が集まった

マキロイら慈善ゴルフで救済金6億円 日本人プロでの開催は夢のまた夢

マキロイら慈善ゴルフで救済金6億円 日本人プロでの開催は夢のまた夢

勝利を喜ぶR・マキロイとD・ジョンソン(C)ロイター/USA TODAY Sports

AP通信によれば、235万人が見たという。

 新型コロナウイルスの医療現場などを支援する慈善ゴルフが17日、米フロリダ州(ジュノビーチ・セミノールGC)で無観客で行われた。参加したのは、世界ランク1位のR・マキロイ、D・ジョンソン(同5位)、R・ファウラー(同27位)、M・ウルフ(同110位)ら米ツアーの人気4選手。2人1組のスキンズゲームはマキロイ&ジョンソン組が、ファウラー&ウルフ組に勝利した。

 プレーヤーズ選手権2日目から延期や中止が相次いだ3月以降、米国開催のゴルフがテレビで生中継されたのは初めて。感染予防のためキャディーはなし。選手は自らゴルフバッグを担ぎ、短パン姿でラウンド。550万ドル(約5億9000万円)の救済金が集まった。

 この慈善ゴルフに最も多額の寄付をしたのは医療保険大手の300万ドル(約3億2220万円)。企業や視聴者からの募金もあり、平均視聴者数は235万人に上ったという。それだけ、トッププロのプレーにファンが飢えていた証拠だが、感染のピークは過ぎたとはいえ、新型コロナ感染症により医療現場が困っているのは日本も同じ。男女の人気プロが慈善ゴルフをやるという手もあるではないか。

 ツアー関係者がこう語る。

「そもそも日本には寄付の文化が根付いていない。日本人プロは欧米ほどチャリティーに積極的ではない。これだけ経済が冷え込んでいると企業支援もファンの募金も期待できません。放送する日時にもよりますが、松山・渋野組対今平・鈴木愛組の豪華な顔ぶれでも、(平均視聴率)2桁は無理でしょう。人気のある黄金世代とミレニアム世代の女子プロを集めた方がもう少し数字は良いかもしれません。国の規模も文化も違うとはいえ、235万人、6億円の救済金は日本のゴルフでは夢みたいな話です」

 見る人や募金額が少なくてもいい。医療従事者のために「やってやる!」という気概があるプロが出てこないか。

関連記事(外部サイト)