選手1人が陽性判定=女子ゴルフ

 日本女子プロゴルフ協会は22日、GMO&サマンサ・カップ(16〜18日)に出場していた選手1人が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性判定を受けたと発表した。陽性となったキャディーの濃厚接触者と判断され、一度は陰性と判定されたが、21日に自主的に受けた検査では陽性だった。症状はないという。 (了)【時事通信社】