今平、諦めず=ブリヂストンゴルフ

 大会3連覇を目指す今平はスコアを伸ばし切れなかった。バーディーがなかなか続かず、一進一退のラウンド。ドライバーを積極的に使ったというが、安定感を欠いた。「ティーショットがぶれてしまった。朝の練習では感覚がつかめていたけど」と悔しがった。

 首位とは8打差だが、「(次第に)まとまってはきている。しっかり調整して頑張りたい」と、まだ諦めてはいない。(了)【時事通信社】