我慢のゴルフで好スコア=岩田、メジャー初制覇へ集中―日本オープンゴルフ

我慢のゴルフで好スコア=岩田、メジャー初制覇へ集中―日本オープンゴルフ

3番、ティーショットを放つ岩田寛=14日、滋賀・琵琶湖CC

 岩田はしぶとく首位に立った。生命線のショットが「全然当たらない」状態で粘り、8バーディーを決めてボギーなし。我慢のゴルフが実り、パー71に設定された日本オープンでは最少となる63の好スコアをたたき出した。

 ここまで伸ばせたのはパットのおかげ。「(グリーンに)乗ったのは入ってくれて、乗らなかったのはパーパットでしのいだ」。インスタートの12番(パー4)で5メートルを決めて最初のバーディーを奪い、13番(同3)も3メートルをバーディー。17番(同3)では8メートルのパットを沈めた。

 今春の中日クラウンズで6年ぶりのツアー優勝を果たした。国内最高峰の日本オープンのタイトルは、メジャー未勝利の岩田にとって「魅力がある」。さらに、この大会で優勝すれば全英オープン出場に近づく。

 「海外で成績を出したら、(米ツアー出場権を得る)入れ替え戦に出られる」。2016年に参戦して不完全燃焼に終わった米ツアー再挑戦への足掛かりにもなる。大きな目標をにらみ、不屈の40歳は集中している。(了)

【時事通信社】