踏ん張った松山=米男子ゴルフ

踏ん張った松山=米男子ゴルフ

ソニー・オープンの第1ラウンドに臨む松山英樹=13日、米ハワイ州ホノルル(AFP時事)

 松山はインスタートの序盤、11番で約8メートルを沈めてバーディー。「状態は悪い」と言いながらも、その後のピンチをパーで踏ん張り、上がり2ホールを連続バーディーで締めた。9番(パー5)では残り92ヤードからの3打目を、ピンそば30センチにぴたり。グリーンを囲むギャラリーの歓声に、手を帽子に添えて応えた。「伸ばして終われたのはよかった」。納得した様子で話した。

 前週は苦しんだティーショットがこの日は安定。まずまずのスタートを切り、「あしたも伸ばしていかないといけない」と気合を入れ直した。(ホノルル時事)

【時事通信社】