桂川、難コース「好き」=ダイヤモンド杯ゴルフ

桂川、難コース「好き」=ダイヤモンド杯ゴルフ

6番、バーディーパットを沈める桂川有人=14日、茨城・大洗GC

 4月にツアー初勝利を挙げた23歳の桂川が、2勝目へ一歩近づいた。スコアを三つ伸ばし、3日連続のアンダーパーで首位タイに浮上。打ちどころの狭い難コースにも、「ショットを得意にしているので、タフなコースの方が好き」。相性の良さを感じている。

 初優勝をきっかけに、プレーに迷いがなくなったという。「勝てたことが自信につながり、いいイメージで打てている」。自身のプレーに集中して、混戦模様の優勝争いから抜け出すか。(了)

【時事通信社】