イ・ボミ絶不調の原因は自分を「イカ」にする同郷選手?

イ・ボミ絶不調の原因は自分を「イカ」にする同郷選手?

イ・ボミの「私は完全にイカ」発言(写真:時事通信フォト)

〈今日は韓国ツアー美人代表シネちゃんと日本ツアー美人代表の久美ちゃんと。(中略)私は完全にイカ〉

 29位に終わった女性プロゴルフツアー・サロンパスカップ終了後、写真投稿SNSのインスタグラムにハングルでそう書き込んだのは、2年連続賞金女王のイ・ボミ(28)。同大会の最終日、ボミは今年から日本ツアーに参戦した“韓国のセクシークイーン”ことアン・シネ(26)、日本を代表するスレンダー美人ゴルファー・金田久美子(27)と同組でプレーした。

「韓国では美男美女の横にいることを“イカになる”と表現します。引き立て役という意味ですね」(韓国人通訳)

 なんとも自虐的なコメントは、本業の不振のせいかもしれない。今シーズンのボミはゴルフでも“イカ”になってしまっている。

 開幕戦の3位が最高で未勝利。賞金ランクも21位に低迷(5月18日時点)、4年ぶりとなる1シーズン2度の予選落ちをしている。不調の原因は何か。

「アプローチに苦しんでいる。ボギーを叩かないことが彼女の強みなのに、イージーミスが多いんです。練習場ではショットもアプローチも悪くない。専属コーチであるチェ・ボムス氏も“技術ではなく、メンタル面の問題ではないか”と話している」(ゴルフ誌記者)

 彼女のメンタルに大きな影響を与えているのが、韓国から次々に来日してくる美人女子ゴルファーたちだという。

「これまでイ・ボミを追う立場だったキム・ハヌル(28)は、『サロンパスカップ』『サイバーエージェント レディスゴルフトーナメント』と早くも今季2勝の大活躍。さらに、今年は開幕戦から身長172センチの8頭身美女、ユン・チェヨン(30)が本格参戦。アン・シネもお色気ムンムンで、ギャラリーの視線をクギ付けにしている。実力で人気を勝ち獲ってきた自負があるボミは、“美貌”でチヤホヤされている他の選手がつい気になってしまう、なんてこともあるのかもしれません」(同前)

 冒頭のインスタでも分かる通り、とくにアン・シネに対してボミはかなり“意識”していたようだ。「ほけんの窓口レディース」(5月12~14日)でも、初日・2日目をアン・シネと同組でプレーしたボミは、あえなく予選落ちしてしまった。

 試合後、ボミは「今日は良いプレーができず、見に来てくれたファンの期待に応えられなくて悔しい。調子が悪いなかでも、頑張っていく姿を見せられたら」と語っている。

 アン・シネはしばらく日本ツアーを離れ、再来日してプレーするのは6月22日の「アース・モンダミンカップ」から。それまでにボミが自分本来のスタイルを取り戻し、イカしたプレーを見せてくれることを願うばかりだ。

※週刊ポスト2017年6月2日号

関連記事(外部サイト)