ミニスカ経験なし、大迫たつ子プロはアン・シネを許せるか?

ミニスカ経験なし、大迫たつ子プロはアン・シネを許せるか?

大先輩はアン・シネのミニスカをどう評価する?

 巨乳にピッタリ張り付くシャツにミニスカートから伸びる艶めかしい美脚──「セクシー・クイーン」アン・シネ(26)が女子ゴルフツアーの話題をさらっているが、その“ブーム”を大先輩はどう見るか。「これまでミニスカートなんて一度も穿いたことがない」と語るのは、日本女子プロゴルフ協会の永久シード権を持ち、2015年には日本プロゴルフ殿堂入りしたレジェンド・大迫たつ子プロだ。

「現役時代、私にとってゴルフは『勝負』でした。ファッションなんてかまっていられなかった。夏は短パンを穿くこともありましたが、それもスラックスだと汗で膝が引っかかって、プレーに支障が出るからです」

 アン・シネの大胆ウエアに眉をひそめているかと思いきや、「いいんじゃないですか、華やかで」と好意的だ。

「今の女子ツアーは『興行』ですからね。盛り上げるためにも、ファンを惹きつける格好はどんどんやればいい」(同前)

 ただし、華美なファッションを続けるには“条件”があるという。

「何より『ゴルフが強い』ことが大前提です。実力のない子がファッションに走ってもダメ。私は弟子が茶髪にしていれば注意しますし、身だしなみは、厳しく指導しています。許したのは日焼け止めぐらい。私が現役時代にしのぎを削った樋口久子さんは華やかなスカートを穿いて多くのギャラリーを引き連れていましたが、彼女は本当にゴルフが強かった」(同前)

 日本ツアーに参戦して以降、41位、予選落ち、16位と、パッとした成績はいまだ残せていないアン・シネ。このままだと大迫プロの雷が落ちるかもしれない。

※2017年7月21・28日号

関連記事(外部サイト)