松山英樹の新妻は大学ゴルフ部の1年後輩、陰で支えるタイプ

松山英樹の新妻は大学ゴルフ部の1年後輩、陰で支えるタイプ

賞金王として愛娘を抱き上げられるか(写真・時事通信フォト)

 全米プロゴルフ選手権最終日(14日)、一時は単独トップに立ちながらも5位に終わり、メジャー初制覇を逃した松山英樹(25)。悔し涙の会見後、一般女性との入籍と第一子誕生を発表し、ファンを驚かせた。

 今年1月結婚、7月出産のため一部では「デキちゃった婚か」とも噂されたが、松山にとっては「米ツアー参戦」より先に結婚を考えていた相手だった。松山の恩師で、2人の馴れ初めをよく知る東北福祉大学ゴルフ部の阿部靖彦監督がいう。

「彼女は大学ゴルフ部時代の1年後輩です。2人の交際は松山が3年、彼女が2年の時から始まりました。英樹が『結婚するつもりだ』と言ってきたのは、昨年8月の全米プロを4位で終えて一時帰国した頃。

 もともと、米ツアーへのフル参戦を決めた2014年に『彼女をアメリカに連れていきたい』と言ってきたが、その時は『今は他にやるべきことがある。結果を出してからにしたらどうだ』と反対した。昨年は4位と結果を残したのだから、大賛成しました。

 生まれたのは女の子。今は奥さんも子供も日本で英樹を支えているが、いずれアメリカで家族一緒に生活することになるでしょう。奥さんは、国内試合すら会場で応援したことがないほど控え目な“陰で支えるタイプ”。ゴルフをよく理解している人ですから、きっと英樹の助けになるはず」

 実力は折り紙付きながら悲願の日本人初メジャータイトルを逃し続けている松山。海外ジャーナリストからは「日本のファンの大きすぎる期待が重圧になっている」とも指摘される。

「名実共に世界のトップ選手である松山は、もう技術やメンタルを指摘するレベルにない。米国で孤独な戦いを強いられている彼に一番必要なのは、心穏やかにしてくれる家族の存在でしょう。もし来季以降、家族で一緒に生活できればメジャー制覇に向け最高のプラス要因になる」(ゴルフ担当記者)

 今季の松山にはまだ“ビッグタイトル”の可能性が残されている。米ツアー(PGA)の「賞金王」だ。

 目下、賞金ランク、フェデックスポイントランキングともに首位を走る松山は、一昨年のJ・スピース以来の「2冠」も視野に入る。

 今月末からはプレーオフシリーズと呼ばれるツアー最終4試合が始まる。いずれも優勝賞金は150万ドル台と高額で、逆転される可能性があるため正念場だ。晴れて賞金王となり、愛娘を抱き上げる松山の姿が見たいものだ。

※週刊ポスト2017年9月1日号

関連記事(外部サイト)