タイガー・ウッズ「バンテリンのサポートがなければ…」日本初開催PGAツアーで松山英樹とワンツーフィニッシュ

タイガー・ウッズ「バンテリンのサポートがなければ…」日本初開催PGAツアーで松山英樹とワンツーフィニッシュ

タイガー・ウッズ

 「バンテリン」シリーズを手掛ける興和株式会社の「GO! VANTELIN PROJECT」記者発表会が10月28日、千葉県の成田市内で行われ、プロゴルファーのタイガー・ウッズ選手が出席した。

 三輪芳弘代表取締役社長のあいさつに続いて、スポーツウェアにキャップという軽快なスタイルで登壇したウッズ選手。この日午前中に行われた米PGAツアー「ZOZO Championship」で米ツアー史上最多に並ぶ通算82勝目を挙げたばかりのウッズ選手は、満面の笑みで待ち受けた報道陣に応えた。

 マイクを手にしたウッズ選手は、「8年にわたってサポートしてくれたバンテリンには、本当に感謝しています。ご存じのように腰にも膝にも故障を抱えており、バンテリンのサポートがなければ本当に大変だったと思います。おかげでマスターズにも毎年出場することができました」と感謝。三輪社長は「何よりも尊敬するのは、何回も手術を受けて怪我を乗り越え、40代になって再び勝利を積み重ねたこと。本当に素晴らしい」とウッズ選手に賛辞を送った。

 この日の「ZOZO Championship」では、同じくバンテリンのサポートを受ける松山英樹選手も2位に入るなど活躍。ワンツーフィニッシュで日本初開催のツアーを飾った。同社は、1985年に日本で初めてインドメタシン局所浸透薬のバンテリンコーワを発売。以後、生活者のニーズに合わせた商品開発を進め、健康サポート企業としての地位を築いてきた。興和は今回、ウッズ選手と松山選手が初共演する新CM制作をはじめ、「GO! VANTELIN キャンペーン!」などの企画を実施する。

関連記事(外部サイト)