「何が面白いのか」「やらないほうがいい」張本勲氏、スピードゴルフを全否定し批判殺到

張本勲氏が「スピードゴルフ」競技に強烈な「喝」 「何が面白いの」と発言し批判殺到

記事まとめ

  • 張本勲氏が『サンデーモーニング』で、「スピードゴルフ」競技に強烈な「喝」を入れた
  • 元フィギュアスケート選手の鈴木明子氏が反論すると、「あんなつまらないもの」と怒り
  • 関口宏は「私は面白いと思ったけどな」と不満そうに話し、視聴者からも批判が殺到した

「何が面白いのか」「やらないほうがいい」張本勲氏、スピードゴルフを全否定し批判殺到

「何が面白いのか」「やらないほうがいい」張本勲氏、スピードゴルフを全否定し批判殺到

張本勲

 22日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)で、張本勲氏が「スピードゴルフ」競技に強烈な「喝」を入れたことが物議を醸している。

 スピードゴルフは、通常のゴルフに加え18ホールを回るタイムも争う競技。13日に御殿場で行われたスピードゴルフオープンで、松井丈選手がスコア77、ランタイム46分22秒で優勝する様子が放送された。

 張本氏はその様子を見ると、「喝」と絶叫。ゲストの元フィギュアスケート選手の鈴木明子氏が「ええ、あっぱれですよ」と反論すると、「何が面白い? 関口さんもゴルフやるからわかるでしょ。何が面白い。あんなつまらないもの考えてもらいたくないわね」と怒る。

 関口宏は「見ていて面白いですよ」と話すと、張本氏は「何が面白い。やっぱりね、走ったらせくでしょ。しかもね、グリーンの上で運動靴でも、速く歩いちゃダメなんですよ。芽が倒れるんだから、何が面白いの」と苦言を呈す。

 それでも、関口は「見てる人、結構喜んでいましたよ」と話すが、再び張本氏は、「知らない人は喜ぶでしょ。やる人は面白くないよ」とまくし立て、「走っちゃダメだよ。200ヤード以上走るんだから」と競技にダメ出しをする。

 その後、張本氏は松井選手に「あっぱれ」。「普通でも(過去の記録の)74では回れない」と褒め称え、「普通の人は85…」と話したところで、関口は「わかりました。鈴木さんのあっぱれの理由は?」と話を変え、鈴木氏は「迷いがない。素晴らしい」と褒め称える。

 すると、張本氏は口を尖らせ、「まだ話終わってないのに、わかりましたって止めないでよ。言いたいことが2つ、3つあるんだから。それを終わってから他の人指名してよ。もう忘れちゃった」と話し、笑みを浮かべた。

 それから関口は「こういう競技があるということを皆さんに知ってほしい」とまとめるが、張本氏は「あるというだけでね。やらないほうがいいわ、面白くない」とバッサリ。関口は「私は面白いと思ったけどな」と不満そうに話した。この発言に視聴者からは案の定、「競技に対するリスペクトがない」「つまらないとは何事だ」「スピードゴルフを全否定するな」など、怒りの声が相次ぐこととなった。

 スピードゴルフを全否定した張本氏。言論の自由だが、不快感を持った人は多かったようだ。

関連記事(外部サイト)