渋野日向子が約2年ぶりの優勝で明かした思い。「自分が置いていかれている感があった」

 スタンレーレディス(静岡・東名CC)のトロフィーの行方は、アマチュアの女子高生・佐藤心結(みゆ)に、ペ・ソンウと木村彩子、そして渋野日向子という4名によるプレーオフにもつれた。その2ホール目、渋野ひとりがバーディーを奪い、勝負は決した。


優勝が決まった瞬間、みるみるうちに涙がこぼれた渋野日向子

 およそ2年ぶりの優勝に「スマイリング・シンデレラ」の頬にはすぐに涙がつたった。両手で顔を覆って、くしゃくしゃにした。

「正直、こんなに早く勝てると思っていなかった。勝てない2年間は長いようで短い? 短いようで長い? わからないんですけど(笑)、いろいろ思い出した涙でした」

 首位と2打差の5位タイでスタートした最終日は、我慢のゴルフが続いて8番になってようやく最初のバーディーを奪った。

「正直、スタート前は『優勝したい』という気持ちはなかった。もちろん、チャンスがくればという感じでしたが、スタートから安全にいこうと。

(スタート後は)上位との差が開いてしまって、『やばい』と思いながら、攻めきれないゴルフだった。後半に入って、10番でボギーを打ってしまいましたけど、ここまできたら次いつ優勝争いできるかわからないから、悔いの残らないプレーを心がけました」

続きを見る

関連記事(外部サイト)