山下美夢有が2年連続で年間女王になれたわけ「五輪は特別。日本代表として出たい」

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 山下美夢有が2年連続で年間女王となった。前半戦で4勝し、流れが良かった。
  • 最終戦では序盤2ボギーも挽回し、4バーディーで逃げ切った。ラウンド前半のプレッシャーは去年より強かった。
  • 2年連続年間女王となった山下は、来年は海外メジャーでの優勝争いを目指すと語った。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

 2023年女子ツアーは、最終戦のJLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ(宮崎・宮崎CC)で連覇を遂げた山下美夢有がメルセデス・ランキング1位となり、2年連続の年間女王に輝いた。

2年連続で年間女王に輝いた山下美夢有。photo by Getty Images
2年連続で年間女王に輝いた山下美夢有。photo by Getty Images

「前半戦は流れもよく4勝できて、いい流れでシーズンをスタートできた。(最終戦の)4試合ぐらい前からショットも安定して、リズムもよくなって、自信が持てるようになった。

 一年間ケガなく戦えたことで、今年もいい一年だったなと思う。今年は『(海外)メジャーで成績を出したい』という目標でしたが、そこはうまくいかなかったし、悔しい思いもした。来年は(海外)メジャーでいい成績を残せるように、しっかり準備して、優勝争いをしたい」

 今、やりたいことは――という問いにはこう言っておどけた。

「ご飯が好き。美味しいものを食べたいな」

 リコーカップでは初日、2日目と年間女王を争う申ジエとのラウンドのなか、スコアを伸ばしていった。そして、2位の森田遥に2打差をつけての首位で迎えた最終日、序盤でボギーを2つ叩くも、その後に4つのバーディーを奪って逃げきりに成功した。

「プレッシャーは去年よりすごくあったんですけど、2日間、ジエさんと回らせてもらって、自分らしいプレーが戻ってきたというか......。

(最終日は)前半のボギー2つでいいリズムではなかったんですけど、取り返したい気持ちが強くて、8番パー3でロングパットのバーディーを決めて、立て直すことができた。ティーショットがすごくいいリズムでスイングすることかできて、"この感覚かな"というのがつかむことができた」

続きを見る

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?