【木村和久連載】処世術を磨くのに最適?「言い訳の天才」を育むゴルフ

【木村和久連載】処世術を磨くのに最適?「言い訳の天才」を育むゴルフ

【木村和久連載】処世術を磨くのに最適?「言い訳の天才」を育むゴルフの画像

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第255回

 日本はもちろんのこと、世界はいまだ大変な状況が続いています。そこで今回は、ゴルフにまつわる柔らかい話をして、みなさんと一緒に”新型コロナウイルス”を吹き飛ばせればいいな、と思っています。

 本当に軽いテーマなので、あまりマジメに読まないでいただければと思います。多少脱線しますが、その辺はサラッと流して、寛容な心でご笑納くださいませ。

 世の中、何でもゴルフのせいにしておけば、物事がうまく進みます。そう思っている殿方は多いです。

 たとえば、夜遅く家に帰った時、奥さんに「今、何時だと思っているの? どこに行ってたのよ」と聞かれることがあります。とりあえず、「ゴルフで遅くなるって言ったろ」と弁解するや、奥さんはすかさず「なんで昼間のゴルフで遅くなるの」と突っ込んできます。そう言われれば、もうこう返すしかありません。

「ゴルフの打ち上げがあるって、言ってなかったっけ?」

“ゴルフ”という理由1本で逃げまくりです。

 もちろん、ほんとのことはわかりませんよ。でも、それで何とか通用するのが、ゴルフのよさなんですな。

 たしかに、ゴルフはスポーツですが、プレーをしたあとは、なぜか飲み会をしたり、男性であれば女性のいるお店に遊びに行ったりします。しかも、大の大人が平日の昼間から、酒を飲みながらプレーすることもできます。加えて、そうした行為を接待交際費で落とせる場合もありますし、もっとすごいと、相手側に奢っていただけることも。

続きを見る

関連記事(外部サイト)