松山英樹「ショットだけなら上位にいける」。全米プロ前につかんだ手応え

◆今季注目のプレーヤー10人>>

 メモリアル・トーナメント(7月16日〜19日/オハイオ州)で予選落ちを喫した松山英樹は、1週間のオフを経て、世界選手権シリーズ(WGC)のフェデックス・セントジュード招待(7月30日〜8月2日/テネシー州。パー70)に参戦。今季初メジャーとなる翌週の全米プロ選手権(8月6日〜9日/カリフォルニア州)を前にして、通算6アンダー、20位タイで終えた。

「もう少し(スコアを)伸ばしていけたらよかったんですけど、うまく波に乗れない、という感じ。それでも、(よくなる)きっかけは少しずつ見つけている。(ショットに関しては)曲がっているボールもあるけど、いいショットを打った時には、フェアウェーをとらえたり、チャンスにつけたりしていたので、そこはよかったな、と。もう少し安定した、何も考えずに今のゴルフができるようにしていけたらな、と思う」


ショットの状態はよくなっているという松山英樹。全米プロでの活躍が期待される。photo by Getty Images

 1週間のオフの間はフロリダ州の自宅に戻って、ショットやパットの調整を重ねていた松山。それによって「いい方向に向かっている」という言葉どおり、初日は大きなミスもなく、4バーディー、2ボギーの2アンダー、15位タイとまずまずのスタートを切った。

「いいところもあれば、悪いところもあったかなと思う。(ショートゲームでは)あまりミスがなくプレーができたので、ストレスがたまらなかった。ただ、いっぱい、いっぱいのなかでの2アンダー。明日も一生懸命がんばりたい」

続きを見る

関連記事(外部サイト)