原英莉花のメジャー2勝目を導いた、師匠ジャンボ尾崎の「鶴のひと声」

 真っ赤なジャケットに袖を通し、優勝後のリモート会見場に現れた原英莉花は、ラウンド中のキリリとした緊張の表情とは違って、なんとも幸福そうで柔和で、頬も紅潮していた。

 今年最後のトーナメントとなるJLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ(宮崎・宮崎CC)。原は初日から首位を守る完全優勝で、日本女子オープンに続いてメジャー大会2連勝を飾った。

「ほんっとにうれしい気持ちでいっぱいです。2020年は自分のゴルフ人生で、大きな第一歩を踏み出せた年になったと思います。(来年末まで続く長いシーズンの)賞金女王争いにつながる一歩だし、『海外で戦いたい』という、そこに向けて自信にもなる第一歩だったと思う」


今季国内メジャー2勝目を挙げた原英莉花

 今年一年を漢字ひと文字で表すと――年末恒例のお決まりの質問にはこう答えた。

「『幸(さち)』ですかね。やっぱり2勝できましたから」

 アウトスタートの初日、原は2番パー5で、サードショットが直接カップインし、イーグルを奪取する好スタートを決めた。飛ばし屋の原にしては、意外にもこれが今季初めてのイーグルだった。

「今週のベストショットであり、今季のベストショットかな。やっぱりずっとイーグルを獲れなかったので」

続きを見る

関連記事(外部サイト)