羽生結弦vs「韓国のユヅ」、プルシェンコの存在を連想

羽生結弦vs「韓国のユヅ」、プルシェンコの存在を連想

フィンランド大会でも同じ表彰台に立った(写真/時事通信フォト)

 11月4日(日本時間5日)に閉幕したフィギュアスケートGPシリーズ「フィンランド大会」。羽生結弦(23才)はショートで106.69点、フリーで190.43点、総合得点は297.12点を獲得し優勝を飾った。結果的に、すべてが今季のルール改正後の世界最高得点だった。

 そんな羽生がフリーの演技を披露する4番前、緊張した面持ちで滑り出した17才の少年がいた。どことなく羽生に雰囲気が似ている。「韓国のユヅ」との異名を持つ、男子フィギュアスケート選手、チャ・ジュンファンだ。

 2人の出会いは3年前、ジュンファンは羽生のコーチであるブライアン・オーサー氏から指導を受けたいと、自ら志願し、韓国から練習拠点のあるカナダのトロントに渡ったのだ。

 今シーズンの2人の初戦となった、9月の「オータムクラシック」。羽生とジュンファンはワンツーフィニッシュを決めた。そんな羽生とジュンファンの関係性を物語るエピソードがある。

 オータムクラシック終了から2日後、練習拠点であるトロントでささやかなパーティーが開かれた。ジュンファンの母親が息子の銀メダル獲得を祝って催した宴だった。

 その時、会場にふらりと現れた羽生はパーティーの主役であるジュンファンに向かって、「散々な演技だったぼくに次いで、きみは2位だった(笑い)」と冗談めかして囁いたという。それにジュンファンが恐縮し、「あなたには絶対に勝てません」とつぶやくと、羽生はこう告げたという。

「シニアに上がった時、ぼくはすべての選手を尊敬していた。中でも、一番強い選手の写真を持っていた。彼らに勝ちたかったから。ジュンファンもぼくに、同じことをするべきだと思う。きみはぼくに勝たなくちゃならない。よく覚えておいて。今回のきみのように大会で2位に終わるより最悪なことが1つある。ぼくが(オータムクラシックで)やったように、酷い演技で1位になること」

 そう言い終えると、羽生はその場を立ち去ったという。

「現役で競技をしていると、下からつきあげるように成長してくる選手に教えたり目をかけたりするのは難しい。でも羽生の場合は、そんな勢いのある若手の登場を楽しみにしていたところがありました」(スポーツライター)

 しかし、ジュンファンはあくまで羽生を気にするそぶりを見せない。今年2月の平昌五輪の直前、韓国メディアに対し、ジュンファンは羽生と比較されることに対し、こう語っている。

「羽生選手を超えるつもりはまったくありません。むしろ、自分自身を超えたい。羽生選手との関係は、ただの顔見知り程度です」「(比較されることを)何とも思っていません。ぼくは試合前は自分のことだけを考えるタイプです」

 羽生も同じだ。順位より自分との闘いにこだわる。

 2010年のバンクーバー五輪で、羽生にとって憧れの存在だったロシアのエフゲニー・プルシェンコ(36才)は「採点方法を変えるべきではないか。オリンピックの優勝者が4回転をやらないなんて、ちょっとわからないです」と苦言を呈した。優勝した選手が3回転以下のジャンプのみに抑え、確実に演技して金メダルを獲得したことへの抗議だった。「新たな技や表現に挑戦しない限り前に進んでいかない」という強い信念があった。

 時代は彼が言っていた通りになった。幼い頃からプルシェンコに憧れ続けてきた羽生は、その思いが誰よりも強い。

「今回羽生が披露し、世界初といわれた4回転からのトリプルアクセルも点数が倍になるわけではない。それでも初めてのことに挑戦しました。何度転んでもめげず、自分の後を追ってくれる、本当に認めたライバルが後輩から現れてほしい。そんな羽生の思いにこたえてくれたのがジュンファンなのかもしれません」(フィギュア関係者)

◆浅田真央VSキム・ヨナの再来か

 今シーズン限りの復帰を表明した“絶対王者”高橋大輔(32才)に並んで、まだ幼かった羽生がはにかんでいたのは8年前。羽生はシニアデビューからわずか4年でその“絶対王者”を追い抜いた。もしかすると羽生もまた追われる立場になるかもしれない。2人の対決は、かつて浅田真央(28才)とキム・ヨナが繰り広げ、世界中が注目した“フィギュアスケート日韓戦”にも重なる。

 フィンランド大会のフリーを滑り終え、最終スコアを待つ「キス&クライ」。羽生は得点が発表されると、プルシェンコの愛称を呼び、ロシア語で感謝を伝えた。

「スパシーバ(ありがとう)、ジェーニャさん」

「プルシェンコのようになりたい」と憧れ、金メダルを目指してここまできた羽生。その彼が今、同じように自分の後を追い、超えようとしていく後輩を頼もしく待っている。また新たな羽生の闘いが始まった。

※女性セブン2018年11月22日号

関連記事(外部サイト)