カーリング「ストーンの謎」に迫る 値段は1セット160万円也

カーリング「ストーンの謎」に迫る 値段は1セット160万円也

日本ではハンドル部分は赤と黄色が多いが、海外では青や緑などが使われるホールも。写真左が吉田夕梨花(撮影:竹田氏)

 平昌五輪でメダルの期待が高まるカーリング。ストーンを投げて得点を競うゲームだが、あの不思議な形の“石”については、ほとんど知られていない。実は、ひとつひとつのストーンに「クセ」もあるのだという。カーリング取材を続けるスポーツライターの竹田聡一郎氏が解説する。

 * * *
 カーリングといえば、“シャカシャカ”ことスウィープとストーン。以前、『カーリングのシャカシャカに潜む「深い意味」と「お値段」』という記事でスウィープについて解説したが、今回は「ストーン」についての素朴な疑問に答えよう。

「あのストーンって特別な石を使っているの?」

 イエスだ。カーリング発祥の地・スコットランド本土から10マイル西の沖に浮かぶ無人島・アルサグレイグ島でしか産出されない特別な花崗岩を使用している。昨年末に公開され、ロングラン・ヒット中の 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でルークが身を寄せていたスケリッグ・マイケル島に似たこの秘境は、マグマが冷えてできあがった孤島である。そこで採れる石はダメージに強く、同時に繊細な曲がりも可能なカーリングストーンを作ることができるのだ。ただ、面積1平方キロメートルに満たない小島であるため、アルサグレイグ産の花崗岩は限られており、接氷面などを中心にアルサグレイグ産が使用されている。

 では、そんなレアな花崗岩をあしらったカーリングストーンのお値段はといえば、1個あたりざっと10万円もする。カーリングは両チーム4選手が2投ずつを担当するので、試合には16個のストーンが必要になる。1セット160万円だ。

 すると「選手はみんなマイストーンを持っているの?」という疑問が続けて生じる。

 それはノーだ。国内トップ選手でも家にストーンを飾っているという話は聞いたことがない。

 ストーンは基本的にカーリングホール、あるいは当地のカーリング協会の所有物である。平昌五輪女子代表チームのロコ・ソラーレ北見のホームリンク「アドヴィックス常呂カーリングホール」や、同じく男子代表のSC軽井沢クラブのホーム「軽井沢アイスパーク」など、国内最大サイズのカーリングホールは6シートあるため、最低でも6セットつまり96個の石が常備されている。それだけで960万円だ。

 ちなみに、日本にカーリングが上陸し、国内初のカーリング専用ホールとなった前出の常呂のホールには、当時使っていたお手製ストーンが今も展示されている。当時はまだ予算もなく、カナダやスコットランドからの流通も十分に発達していなかったため、適当なサイズのドラム缶をくり抜いてそこにセメントを流し込んでストーンを作ってプレーしていた。先人たちの知恵と情熱には脱帽だ。

 余談ついでに書いてしまうと、世界選手権レベルのビッグ・タイトルになると、大会オフィシャルショップでボールペンやTシャツ、ステッカーやピンパッヂなどの定番記念グッズとともに、ストーンが販売されていることも少なくない。2015年には札幌で女子の世界選手権が開催され、その時にもストーンが10万円で販売されていたが「さすがに売れなかった」と担当者は苦笑いしていた。昨年4月の男子の世界選手権(カナダ・エドモントン)でも1000カナダドルで同じくストーンが販売されていたが、最終日まで残っていた。いずれもガチの競技で使われているのと同様のものであるが、さすがにストーンを購入する酔狂なファンは少ないようだ。

 話を戻すと、当地の協会主催大会やイベントなどでは各ホールで所有する石が使用される。その一方、日本選手権やオリンピックトライアルなどのJCA(日本カーリング協会)主催の大きなタイトルは、公平を期すなどの理由で専用の石が使われる。

 いま、JCA内で10数年ぶりにストーン買い替えが検討されているが、当然の流れだろう。重さ20kgのストーン同士がぶつかり合い、年に何百投も使われると磨耗してゆく。もともと繊細な石な上に、使われ方によっては偏りが生まれるため、どうしても各ストーン特有のクセが生じてくる。

 そしてそれこそがカーリングのチーム戦術のひとつでもある。

 ストーンはすべてナンバリングされているために、「Bシートの4番と7番は曲がらない」などと、まずはチームで共有する。クセがあり挙動の予測がつきにくいストーンを得点に直結し最後に投げるスキップに残すわけにはいかないので、どうしてもフロントエンドといわれる、リードとセカンド(最初に投げる選手と2番目に投げる選手)で処理しなければならない。いわば“荒れ石担当者”が必ずどのチームにも存在するのだ。

 今回の五輪代表でいえば特に女子のリード、吉田夕梨花はチームから絶大の信頼を得ている“荒れ石担当”だ。どの大会でも、どんなホールのクセのある石も苦にせず淡々と仕事を遂行する身長152センチの小さな仕事人として、チームに貢献している。

 五輪での試合中は選手はピンマイクを着けているため、時折、「曲がらないの、どれだっけ?」などの声を拾ってくれるが、そういう時は吉田夕梨花が地味ながらも堅実に活躍しているはずだ。カーリングの隠れた見所としてぜひ注目してほしい。

関連記事(外部サイト)