岡崎慎司 渡英後「M字頭髪」が突然「フサフサ」疑惑の真相

FW岡崎慎司、イングランドのチームに移籍後「髪がフサフサになった」と増毛疑惑も

記事まとめ

  • FW岡崎慎司はハリルホジッチ前監督に冷遇されていたが、約8カ月ぶりに代表に復帰した
  • 15年にドイツからイングランドのチームに移籍してから髪がフサフサになったとの証言も
  • 愛されキャラの岡崎は、過去に乾貴士や香川真司らからM字ハゲをいじられていた

岡崎慎司 渡英後「M字頭髪」が突然「フサフサ」疑惑の真相

岡崎慎司 渡英後「M字頭髪」が突然「フサフサ」疑惑の真相

岡崎慎司 渡英後「M字頭髪」が突然「フサフサ」疑惑の真相

 ハリルホジッチ前監督に冷遇されていたFW岡崎慎司(32)=レスター=が、約8カ月ぶりに代表に復帰した。

「代表で歴代3位のゴールを決めた実績だけではなく、前線から追いかけ回す守備は相手にとって脅威。出場すればチームに貢献してくれる存在です」(サッカージャーナリスト・六川亨氏)

 得点力不足の日本にとって救世主としても期待される岡崎だが、サッカー関係者の間では、ある疑惑が持ち上がっていた。

「15年にドイツからイングランドのチームに移籍した。それまではおでこが目立つM字ハゲだったのに、翌年の秋頃から突然、髪がフサフサになったんです」(スポーツ紙カメラマン)

 岡崎といえば、利き足は「頭」と言われるほど、豪快なダイビングヘッドでゴールを奪ってきた。その代償なのか、20代前半からジワジワと生え際が後退しているのだ。

「5〜6年前の代表遠征では、ロン毛から短髪にイメチェン。理由について本人は、『M字ハゲがバレてきた』と言って、開き直って短くしたと明かしています」(スポーツ紙カメラマン)

 人懐っこい性格で愛されキャラの岡崎は、代表メンバーからもハゲしくいじられている。

「選手やスタッフがおでこをペチペチ叩くのは挨拶のようなもの。後輩も遠慮なしで、写真撮影の時に乾貴士(30)は岡崎の髪をつかんでおでこを目立たせるし、岡崎が点を取ったあと、香川真司(29)はM字ハゲがテレビに映るよう、なでてさらしたこともあります」(スポーツ紙カメラマン)

 それでも岡崎が明らかにフサフサとなって以降は、触れてはいけない雰囲気のようで‥‥。

「植毛なのか、増毛なのか、それとも自然と生えたのか。親しい記者も、その件だけは質問できません」(スポーツ紙カメラマン)

 疑惑の真相が気になるところだが、こんな証言も。

「西野監督も約3年ぶりに現場復帰したら、頭頂部がフサフサになっていた気が‥‥」(スポーツ紙カメラマン)

 周囲はうすうす気づき始めているのである。

関連記事(外部サイト)