デーブが「アカデミー賞最有力」と皮肉るネイマールの“悶絶プレー”

ネイマールの過剰な転倒が物議 デーブ・スペクターが「アカデミー賞最有力」と皮肉も

記事まとめ

  • ロシアW杯でFWネイマールによる過剰な転倒やアピールが名勝負に水を差す行為だと物議
  • 元ブラジル代表のロナウド氏はネイマールの過剰な転倒癖を『ケガを防ぐため』だと擁護
  • デーブ・スペクターはツイッター上で『アカデミー賞主演男優賞にノミネート』と投稿も

デーブが「アカデミー賞最有力」と皮肉るネイマールの“悶絶プレー”

デーブが「アカデミー賞最有力」と皮肉るネイマールの“悶絶プレー”

デーブが「アカデミー賞最有力」と皮肉るネイマールの“悶絶プレー”

 連日にわたり激闘の続くロシアW杯だが、ブラジル代表FWネイマールによる過剰な転倒やアピールが、名勝負に水を差す行為だとして物議を醸している。

 大会開幕前は負傷によりコンディションの調整に苦しんだものの、蓋を開ければ4試合で2ゴール1アシストと大奮闘。サッカー王国のシンボルとも謳われる絶対的エースは別格のクオリティーとオーラを纏い、無失点でのベスト8進出という快調な進撃における最重要人物となっている。

 だが、相手チームからファウルや接触を受けた際に大袈裟なオーバーリアクションでピッチに倒れ込む姿には、対戦相手だけでなく、ブラジルOBや欧州の識者からも非難轟々。また、アメリカのスポーツサイト“Bleacher Report”によれば、ネイマールがこれまでピッチに倒れ込んでいた合計時間は4試合で14分を超えているという。

「元ブラジル代表のロナウド氏はこうした後輩ネイマールの過剰な転倒癖を『ケガを防ぐため』だと擁護していますが、『PK狙い』『演技が過ぎる』『ワザとらしい』との声が多くを占めており、日本のタレントでコメンテーターのデーブ・スペクターも7月4日にツイッター上で『【速報】ネイマール選手が次回のアカデミー賞主演男優賞にノミネート』と投稿。ネイマールの“演技力”を高く評価するというユーモラスなツイートには多くの“いいね”が押されている」(スポーツライター)

 もちろん勝敗に対してシビアな考えを持つならば、ネイマールのようなしたたかさやズル賢さも戦略の内かもしれないが、あまりにも大袈裟な振る舞いはスーパースターとしての彼の品格に傷をつけてしまいかねない。ジョークで済んでいる間にプレイの改善を心がけてもらいたいところだ。

(ジェイコヴ)

関連記事(外部サイト)