本田圭佑が抱く「サッカーとは別のスポーツに参入」野望の全貌とは?

本田圭佑、プロ野球の新チーム結成計画か Jリーグのクラブ買収も検討?

記事まとめ

  • 本田圭佑が、現役選手にしてカンボジア代表の実質的監督に就任すると発表された
  • 現役続行となった本田はビジネスも並行させ、Jリーグのクラブ買収も考えているという
  • 本田は「ウチの会社でプロ野球球団を持ちたい」と語り新チーム結成を計画しているそう

本田圭佑が抱く「サッカーとは別のスポーツに参入」野望の全貌とは?

本田圭佑が抱く「サッカーとは別のスポーツに参入」野望の全貌とは?

本田圭佑が抱く「サッカーとは別のスポーツに参入」野望の全貌とは?

 8月12日、ロシアW杯前は大会後の「現役引退」も考えていた本田圭佑が、現役選手にしてカンボジア代表の実質的監督に就任すると発表された。ばかりか本田は、Jリーグのクラブ買収まで考えているというのだ。

 現役続行となった本田だが、ビジネスも並行させる。

「クラブの買収は、世界各地で展開している『サッカースクール事業』など、他のサッカービジネスとの相乗効果を狙っているのでしょう」(本田を知るサッカー関係者)

 そして、本田の野望はさらに広がっていく。

 大手スポーツマネジメント会社関係者が明かす。

「最近、本田が『ウチの会社でプロ野球球団を持ちたい』と語っているのを直接聞いた人間が周りに何人かいます。もっとも、どこか既存の球団を買収するわけではなく、本田の会社が親会社としての新チーム『本田球団』の結成を計画しているそうなんです」

 本田の“果てしなき野望”の全貌は、8月21日発売の週刊アサヒ芸能8月30日号で詳報されている。

関連記事(外部サイト)