妻・丸高愛実の出産間近に勃発!柿谷曜一朗“ハイタッチ無視され”事件の痛恨

妻・丸高愛実の出産間近に勃発!柿谷曜一朗“ハイタッチ無視され”事件の痛恨

妻・丸高愛実の出産間近に勃発!柿谷曜一朗“ハイタッチ無視され”事件の痛恨

 11月4日、タレントの丸高愛実が、妊娠9カ月のマタニティーフォトを自身のインスタグラムで公開。夫でサッカー元日本代表の柿谷曜一朗(セレッソ大阪)とのツーショットでの掲載とあって、丸高ファンと同時にサッカーファンの間でも話題となった。

 2人は2016年12月に入籍。今年6月に第1子の妊娠を発表し、11月に出産予定であることを明かしている。写真を見た人からは〈もうすぐですね〉〈素敵な妊婦さん〉〈キレイすぎて惚れ惚れ〉など、応援するコメントが寄せられていた。

 写真では幸せそうな表情を見せている柿谷。しかし、それに関連付けてセレッソファンの間では、別の“事件”での「茶化し」を食らっている。

「11月6日に行われたセレッソ対名古屋グランパス戦で、セレッソのメンバーが円陣を組んだ後にハイタッチをする際、柿谷が同じFWの杉本健勇に無視されるという動画がネタにされているんです。その時の柿谷は何とも言えない悲しい表情を見せていたのですが、スルーのまま試合は始まってしまった」(夕刊紙記者)

 そんなマタニティーフォトとは真逆の状況に、SNS上では〈家庭では幸せそうなのに…かわいそう〉〈柿谷の目が悲しすぎる〉といった同情の声と同時に、〈残念! 露骨でワロタ〉〈だからセレッソってダメなんやね〉とチーム内の不和を指摘する意見まで飛び出したのだ。

「尹晶煥監督の退任が濃厚のセレッソは、今シーズン不振が続いており、チーム内がギクシャクしていたことは確かです。この日の試合も、結局は名古屋に2試合連続の完封負けを喫し、課題は山積みです」(スポーツ紙記者)

 試合後、「今こそひとつにならないと」と話した柿谷。おめでたと同時に、チームに明るい兆しが欲しいところだろう。

関連記事(外部サイト)