Jリーグで見られずじまい!?日本代表候補ルーキーに忍び寄る海外クラブの剛腕

Jリーグで見られずじまい!?日本代表候補ルーキーに忍び寄る海外クラブの剛腕

Jリーグで見られずじまい!?日本代表候補ルーキーに忍び寄る海外クラブの剛腕

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、Jリーグの再開が白紙になり、ヨーロッパでもリーグ戦が無期限延期など、先行き不透明の状況が続いている。

 それでも、海外リーグでは、来期に向けて水面下で戦力補強のリストアップが始まっていた。

「例年通りであれば、主要なヨーロッパリーグの新シーズンは夏に開幕します。スペインのマジョルカで活躍する久保建英の影響で、日本人選手は“青田買い”のターゲットにされており、若手選手が海を渡るとみられています」(サッカーライター)

 そうした中、争奪戦が勃発しそうなのは、今春、桐光学園を卒業してセレッソ大阪に新加入したMF西川潤を巡ってだという。

「西川は、180センチの長身ながら、足元の技術に優れたレフティーで決定力も高い。18年のU‐16アジア選手権で優勝に貢献し、大会MVPに選ばれた逸材。高校時代にセレッソ内定が決まってからも、スペインの名門・バルセロナやドイツの古豪・レバークーゼンが興味を示していました。本人も将来は欧州移籍を希望しているそうです」(前出・サッカーライター)

 そうした状況に、ヤキモキしてしまうのはサポーターだろう。

「2月22日に行われた大分トリニータとの開幕戦は、出場機会こそなかったが早くもベンチ入り。ロティーナ監督の期待も高く、試合出場は時間の問題と思われていたのですが、新型コロナウイルスの影響で、1試合も雄姿をみられないまま、海外移籍してしまうことも…。セレッソ大阪も早期に海外のクラブに移籍することがないよう、3年契約を結んで違約金も設定していますが、数億円の違約金を支払ってでも交渉に乗り出す海外クラブは出てきそうです」(前出・サッカーライター)

 日本代表のスター候補をJリーグのピッチで見られる日はいつか。

(写真はイメージ)

関連記事(外部サイト)