本田圭佑の「危機的状況」を如実に物語った帰国直前の「異例な行動」!

ACミラン本田圭佑が帰国便等を異例の告知 自分が健在であることをアピールするためか

記事まとめ

  • 欧州サッカーが幕を閉じ、インテルの長友佑都と平愛梨は手を繋いで帰国し話題となった
  • ACミラン本田圭佑は公式HPで帰国便を告知し、成田空港に400人以上のファンが出迎えた
  • 本田が帰国を告知した背景には、自分が健在であることをアピールするためとの声もある

本田圭佑の「危機的状況」を如実に物語った帰国直前の「異例な行動」!

本田圭佑の「危機的状況」を如実に物語った帰国直前の「異例な行動」!

本田圭佑の「危機的状況」を如実に物語った帰国直前の「異例な行動」!

 2016−2017年度の欧州サッカーが幕を閉じ、激闘を終えた日本人選手が次々と帰国している。イタリア・セリアAのインテル・ミラノ所属、長友佑都は平愛梨と手を繋いで空港に姿を現し、話題となった。そんな中、5月30日にはACミラン本田圭佑も成田空港に降り立ち、400人以上のファンが出迎えるフィーバーぶりとなったという。ACミラン退団が決まり、日本代表での存在感を失いつつある本田だが、さすがはサムライブルーのエースといったところだろうか。ところが、

「それはちょっと違います」と明かしてくれたのはスポーツ紙記者。続けてこう話す。

「本田は、実は公式サイトで帰国便や到着時間を告知していたんです。時間がわかれば行きたくなる人が出てきて当然。まあ、400人超といっても額面通りに受け取るわけにはいきませんが、もし告知していなかったら、果たして何人集まったことか‥‥」

 通常、本田ほどの選手であれば、人が集まれば、空港や他の利用客に迷惑をかけるため、告知はしないもの。すでに長友のほか香川真司や原口元気、本田に代わってエースに躍り出た久保裕也も帰国しているが、告知した選手は1人もいない。本田が異例とも言える一手に出た理由とは──。

「ひとつは自分がまだ健在であることをアピールするためでしょう。ハリル監督や欧州のクラブチームに対して『自分はまだこれだけファンに期待されている』と示したいのでしょう。意外に思うかもしませんが、サポーターの期待度を選手選考の基準のひとつにする監督もいますからね。もうひとつの理由はCMやスポンサー契約を見越して、商品価値を高めるためだと思われます」(週刊誌スポーツ担当記者)

 本田は2017年1月に登録したまま放置していたツイッターを、5月24日から急に日本語でのツイートをスタートしている。アピールはネットではなくピッチの上で、という声も聞こえてきそうだが…。

関連記事(外部サイト)