レスター岡崎&サウザンプトン吉田の序盤戦の評価は? 英国からの通信簿

レスター岡崎&サウザンプトン吉田の序盤戦の評価は? 英国からの通信簿

二桁得点を目標に掲げるレスターFW岡崎(写真:Getty Images)

 2016-17シーズンの開幕から、約1カ月が経過したイングランド・プレミアリーグ。昨季王者レスター・シティでプレミア2年目を迎えたFW岡崎慎司、サウザンプトンで5シーズン目に突入したDF吉田麻也は、それぞれ序盤戦をどのように過ごしたのか。世界最高峰のリーグで奮闘する2人の日本人選手のここまでのプレーぶりを、現地在住ライターの田嶋コウスケ氏にA〜Eの5段階で評価してもらった。


岡崎慎司 評価:B

 開幕から4節まで全試合に出場し、そのうち3試合で先発。得点やアシストこそないが、献身的な守備と精力的なランで、チームにとって重要な役割を果たしている。特に岡崎の存在価値は、彼がメンバーから外れたときに浮き彫りになる。前線からのプレスが弱まるためボールを奪えず、中盤の密集地帯でパスを受ける選手がいないためパスワークが滞ってしまうのだ。あるときは敵を執拗に追いかけ、またあるときは幅広く動いてボールを受ける。いわゆる、「攻守のスイッチを入れる」動きで、チームのプレーを円滑にしている。岡崎の有無で、レスターのパフォーマンスの質が変わってくるといっても過言ではないだろう。

 しかし、チームの動きが悪いと、真っ先に交代を命じられてしまうのも岡崎だ。象徴的だったのが現地9月10日に行われた4節のリヴァプール戦。前半を1‐2の1点ビハインドで折り返すと、岡崎は前半だけで役目を終えた。何か変化を加えたいときに、交代カードを最初に切られてしまう「微妙な立場」に置かれてもいるのである。「試合に出場するために」献身的な守備をこなしているが、「絶対的な存在になるため」のゴールが足りないため、こうした評価・序列を覆すところまで至っていない。

 となると、今季のポイントになるのは、やはりゴールである。昨季はFWながら5ゴールと不本意な成績に終わった。本人の目標である二桁得点に到達すれば、危険度の高いFWとしてクラウディオ・ラニエリ監督の評価も変わってくるだろう。ピッチに残しておきたい存在へと進化を遂げるのが、今シーズン最大の目標だ。


吉田麻也 評価:D

 開幕戦で先発フル出場。しかし、欧州選手権への参加で合流が遅れたポルトガル代表CBのジョゼ・フォンテがフィットすると、2節のマンチェスターU戦から「ベンチスタート+出番なし」と控えメンバーの扱いに甘んじている。

 今シーズン序盤のポイントになったのは、不動のレギュラーCBであるフォンテの去就である。マンチェスターUを率いる同胞のジョゼ・モウリーニョ監督が、獲得に動いていると噂されていたからだ。しかしながら、フォンテは残留を決断。フォンテが移籍となれば、吉田もCBの2番手に格上げされていたが、結局、今シーズンも「CB3番手」の序列は変わっていない。

 目標は、このフォンテとオランダ代表DFのフィルジル・ファンダイクのCBコンビからレギュラーポジションを奪うこと。この一点に尽きるだろう。両選手とも好パフォーマンスを維持しているだけに容易なことではないが、彼らを上回るパフォーマンスを見せないことには、レギュラーポジションを奪うことは難しい。今季からチームを率いるクロード・ピュエル監督は最終ラインを4バックに固定しており、CBのレギュラー枠は2つのみ。難易度の高いハードルを超えなければ、シーズンの大半をベンチで過ごすという厳しい1年になってしまう。

(文・田嶋コウスケ)

関連記事(外部サイト)