Bリーグは“奇跡”を起こせるのか? 22日の開幕戦は世界初の演出にも注目!

Bリーグは“奇跡”を起こせるのか? 22日の開幕戦は世界初の演出にも注目!

開幕前イベントで、ユニホーム姿で勢ぞろいしたBリーグの選手たち(c)朝日新聞社

 スローガンは「バスケットボールで奇跡を起こそう!」。男子バスケのBリーグが9月22日(木・祝)に開幕する。

 「奇跡」とは大げさにも思える表現だが、そもそもBリーグ発足の経緯が奇跡に近かった。日本のバスケ界は2005年から続くトップリーグの分立を解消できず、協会の運営も混乱。14年11月には国際バスケットボール連盟(FIBA)から制裁(資格停止処分)を受ける窮地に陥った。しかしそんなどん底から改革が猛烈な勢いで進められ、15年4月1日にBリーグの母体となる新法人はスタート。FIBAと国の後押しや、改革を主導した「タスクフォース」のチェアマンである川淵三郎氏の手腕が決め手になった。

 1993年にサッカーのJリーグが発足した当時の日本はバブル経済の余韻があり、加えて5年に及ぶ準備期間もあった。対して、後発のBリーグはJリーグのモデルを参考にできたし、時間が限られていたからこそ問答無用の“緊急手術”を進められたという側面もある。だとしても14年秋の時点で、新生リーグを前向きな形でスタートすることを予測できていたバスケ関係者、ファンは皆無だろう。つまりBリーグ発足はスポーツ界、そしてこの国を勇気づけるちょっとした“奇跡”だ。

 開幕戦はアルバルク東京(旧トヨタ自動車)と琉球ゴールデンキングスの顔合わせ。会場の代々木第一体育館では「革新的」「サプライズ」「エキサイティング」をテーマにしたイケイケな仕掛けも用意されている。

 演出の目玉は全面LEDコート。バスケコートの模様を映し出すだけでなく、ここという場面では動画も見せる機能がある。照明、ピッチサイドの看板にLEDが使われることはあっても、選手がLEDディスプレイの上でプレーするというのは世界初の試みだ。費用は公表されていないが、28m×15mのバスケコートをディスプレイで埋め尽くすとなれば、仮にレンタルとしても間違いなく相当な高額。しかしこれは「この1試合が(B1の18チームが戦う今季の残り)1079試合に及ぼす影響は、何億何十億という効果になる」(大河正明チェアマン)という投資であり、フジテレビやBSなどでこの試合を見る潜在的ファンへのアピールだ。

 少子化社会の日本で、若者文化は肩身が狭くなる傾向がある。しかしBリーグのプロモーションを見ると10代、20代のファンを掴もうという姿勢が強い。

 今季の公式アンセム、テーマソング、開幕戦の演出を担うのはEXILEファミリーだ。開幕戦のテーマソングを歌うShuuKaRen(シュウカレン)は藤井萩花、夏恋の姉妹ユニットで、いずれもE-girlsの人気メンバー。男性以上に女性へアピールする人選ともいえよう。ダンス、ヒップホップといったカルチャーとバスケには親和性もあるが、彼らをフックにして、今までスポーツ観戦と縁がなかった中高生、20歳前後の世代を取り込もうという狙いが伝わってくる。

 もちろんメインディッシュになるのは試合だ。旧NBLを代表するA東京、旧bjを代表する琉球の対戦となれば、内容の濃い一戦になるだろう。ただ何より開幕戦はBリーグというカルチャーを潜在的なファンに向けてアピールするお披露目の場。会場の雰囲気、盛り上がりも未来に向けた“勝負”のポイントだ。

 Bリーグが、バスケが、若者を巻き込みつつ、日本を活気づけるムーブメントになるのか?日本バスケが世界へ躍進するという“奇跡”を起こせるのか?それを見定める大切な材料が、9月22日の開幕戦だ。(文・大島和人)

関連記事(外部サイト)