大迫、ついに覚醒なるか 香川と宇佐美は期待外れ!? ブンデス開幕1カ月、日本人活躍度ランキング

大迫、ついに覚醒なるか 香川と宇佐美は期待外れ!? ブンデス開幕1カ月、日本人活躍度ランキング

開幕からの1カ月で存在感を見せた大迫勇也。(写真:Getty Images)

 2016-17シーズンの開幕から、約1カ月が経過したドイツ・ブンデスリーガ。同リーグで10季目を迎えた長谷部誠や中心選手としての期待がかかる香川真司。そして2度目のブンデス挑戦となる宇佐美貴史など、日本人選手の活躍ぶりをブンデスリーガの中継で解説も務めるフリーライター兼編集者の遠藤孝輔氏に順位付けをしてもらった。

■1位 大迫勇也(ケルン)
5試合出場(先発4)2ゴール・1アシスト

 レギュラーの座を争うアルチョムス・ルドニェフスが負傷離脱したチャンスを逃さず、2節から4試合連続でスタメン出場。エースのモデストと2トップを組み、フィニッシャーとしてもボールの収め所としても機能するなどハイパフォーマンスを連発している。

 圧巻だったのは4節シャルケ戦、5節RBライプツィヒ戦での活躍だ。いずれも0‐1の場面で貴重な同点弾を叩き出し、チームの勝ち点奪取に大きく貢献した。バイエルン、ドルトムントに次ぐ3位と好位置につけるケルンの原動力となっている。

 ちなみに大迫がゴールを挙げた試合は過去4勝2分けと、ケルンは一度も敗れた経験がない。高校生の頃から大きな期待を背負ってきた大迫、今季ドイツの地で覚醒するか。

■2位 原口元気(ヘルタ・ベルリン)
5試合出場(先発5)0ゴール・2アシスト

 豊富な運動量やドリブルでの果敢な仕掛けを武器に躍動したフライブルクとの開幕戦に続き、2節インゴルシュタット戦では2ゴールに絡みブンデスリーガ公式サイト選出のマンオブザマッチに輝いた。王者バイエルンとの4節こそチームメイト同様に精彩を欠いたが、ヘルタ・ベルリンの前線に欠かせない存在となっている。

 パル・ダルダイ監督からの厚い信頼を物語るのが出番の多さ。チームのアタッカーでは唯一、ここまでの全5試合にフル出場を果たしている。

■3位 酒井高徳(ハンブルガーSV)
5試合出場(先発5)0ゴール・0アシスト

 右サイドバックのレギュラーとして開幕からフル出場が続く。チームのエンジンがかからないなか(5節終了後に指揮官のブルーノ・ラッバディアが解任)で、酒井自身はまずまずの働きを披露。自身の出来がチーム状態に左右されにくくなった点に、進化の跡がうかがえる。しっかりと守備のタスクをこなす一方で、機を見たオーバーラップや丁寧なビルドアップといった攻撃の貢献度も決して低くない。

 シュツットガルト時代からの恩師は去ったが、今後もレギュラーの座は揺らがないはずだ。

■4位 武藤嘉紀(マインツ)
3試合出場(先発0)2ゴール・0アシスト

 ドルトムントとの開幕戦で一矢報いるゴールを決め、3節のアウクスブルク戦では左足でダメ押しゴールを記録した。いずれも途中出場から目に見える結果を残したが、1トップの定位置を争うジョン・コルドバの調子が良い事情もあり、レギュラーに返り咲けてはいない。

 ここまで唯一の先発はヨーロッパリーグのサンテティエンヌ戦のみ。今後も出番が多くなりそうなこのコンペティションでの活躍が再浮上の鍵となる。

■5位 長谷部誠(フランクフルト)
3試合出場(先発3)0ゴール・0アシスト

 フル出場した開幕からの3試合は中盤の底でバランスを取りながら、攻守に堅実な働きを見せる持ち味を発揮。4節インゴルシュタット戦でスタメンから外れたのは中2日で迎えた過密日程によるものとみられたが、続く5節ヘルタ・ベルリン戦でもベンチを温め、14年夏のフランクフルト入団以降では初めて2試合連続でピッチに立てなかった。

 今後も継続的に出番は訪れるのか、ベンチ要員に格下げとなってしまうのか。現地10月1日に控える6節フライブルク戦での起用法に注目が集まる。

■6位 香川真司(ドルトムント)
2試合出場(先発1) 0ゴール・0アシスト

 国内カップの1回戦で2ゴールを挙げ、レギュラーとしてブンデスリーガ開幕を迎えたものの、9月の国際Aマッチウィークを境にベンチウォーマーに転落。チャンピオンズリーグ初戦のレギア・ワルシャワ戦に加え、直近のリーグ戦2試合でも出番に恵まれていない状況で、本人は自身の公式HPに「怪我があったとはいえ、ここ数試合出遅れているのは自分の責任だと思っています」と心境を綴っている。

■7位 宇佐美貴史(アウクスブルク)
1試合出場(先発0)0ゴール・0アシスト

 ヴォルフスブルクとの開幕戦で82分から途中出場し、2013年3月のマインツ戦以来となるブンデスリーガのピッチを踏んだ。しかし、その後は出番なし。アウクスブルクのディルク・シュスター監督が4‐2‐3‐1システムの2列目サイドに、高さやフィジカルに長けた選手を好んで起用する傾向があり2、4、5節ではベンチ外と厳しい日々が続いている。(文・遠藤孝輔)

関連記事(外部サイト)