ハリルJとは真逆!? “充実”の豪州、日本との大一番へ

ハリルJとは真逆!? “充実”の豪州、日本との大一番へ

ポステコグルー体制のもと、充実期を迎えているオーストラリア代表(写真:Getty Images)

「明日の試合が楽しみだ」「僕もチームメイトも明日の試合を楽しみにしている」

 2018年W杯アジア最終予選第4節の日本戦を前に、オーストラリア代表のアンジェ・ポステコグルー監督と主将ミレ・イェディナクが会見で発したこの言葉は、社交辞令ではないだろう。ポステコグルー体制になって3年、オーストラリアは「アジアナンバー1」という目標に向けて順調に歩を進めている。今予選3試合を終えてグループB首位に立つ彼らにとって、ライバル日本との対決は最高の試金石である。

 注目は当然ながらティム・ケーヒルだ。日本と対戦した8試合で5ゴールと相性の良さを誇るが、その価値は決定力だけではない。ポステコグルー監督は「彼はメンタルがたくましい。敵に怯むことはなく、自分がチャンスを逃したような時でも動揺しない」と、鋼の精神力を評価。ロビー・クルーゼも「ティミー(ケーヒル)は日本戦でいい記録を持っているから、日本は彼を怖がっているだろうね。年齢もコンディションも関係ない。ボックス内にいいボールが入れば、彼は10回のうち9回は決める。彼がピッチに入るとみんな活気づく。どこからでも点が取れるというオーラがあるからね」とベテランのカリスマ性を語る。

 確かにケーヒルのパワーはオーストラリアの武器だ。しかし、今のチームにはポゼッションとクリエイティブさもプラスされている。かつてポステコグルー監督が率いたブリスベン・ロアーは、バルセロナのようなパスサッカーを展開したことから「ロアルセロナ」と称された。そのスタイルを受け継ぎ、“サッカルー”(オーストラリア代表の愛称)たちはフィジカル頼みのサッカーから繋ぐサッカーへと変化した。

 その片鱗は2014年W杯ですでに見えていた。アジア勢4チームはブラジルで1勝もできず、日本、韓国、イランは1分け2敗、オーストラリアは3戦全敗に終わったが、この4チームの中で最も高い評価を受けたのは、出場32チーム中FIFAランク最下位(当時)のオーストラリアだった。

 オランダ戦でワンダーボレーを叩き込んで喝采されたケーヒルはもちろん、彼が出場停止だったスペイン戦でも、ガチガチに守ってくるだろうという大方の予想を覆し、オーストラリアは攻める姿勢を見せた。結果は0-3の完敗だったが、彼らは「ブレイブ・オージー」「勇敢な敗者」と称えられながらブラジルを後にしたのだ。

 2013年10月の就任から1年も経たずに迎えたW杯では全敗したが、ポステコグルー監督の方向性は正しかった。オーストラリアは2015年のアジアカップ決勝で韓国を2-1で下し、優勝を果たした。「代表チームのプレースタイルは『タフで、献身的で、攻撃的で、クリエイティブで、決して勝利を諦めない』というオージー気質を反映すべき」という指揮官の信念が実を結んだ瞬間だった。

 今予選第2節のサウジアラビア戦は2-2で引き分けたが、指揮官のシャツが汗で透けるほどの暑さの中で1点ビハインドから一度は2-1としてみせた。逆転ゴールを挙げたのはトミ・ユリッチ。先発した3試合で2ゴールと今予選でブレークし、指揮官も「これまでで最高のコンディション」と期待する。膝の状態が心配されたイェディナクも「準備は整った」と日本戦の出場を明言。オーストラリアサッカー連盟は、4万5000人以上の観客がドッグランズ・スタジアムに集結すると述べており、大歓声の中で迎える日本戦が「楽しみ」なのもうなずける。

 かつて浦和に所属したマシュー・スピラノヴィッチは「アウェイの2試合は難しかったけど、今度は心の底から興奮できる。スタジアムを埋めたサポーターが支えてくれるからね。日本のレベルは高いけど、僕らのレベルも高いからいい試合になる。ホームでの戦いが楽しみ」とコメント。指揮官から選手まで、チーム全体がポジティブなイメージを持って日本戦に臨む。

関連記事(外部サイト)