若手は侮れない…パナマ戦に向けW杯出場の欧州組に危機感

若手は侮れない…パナマ戦に向けW杯出場の欧州組に危機感

ランニングを行う(左から)南野、吉田、長友、中島、酒井宏(C)共同通信社

キリンチャレンジカップのパナマ戦(12日午後7時25分キックオフ=新潟)を控えた森保ジャパンは、9日の午後5時から新潟市陸上競技場で合宿2日目のトレーニングを行った。 

 この日は、ロシアW杯に出場した欧州組のガラタサライ(トルコ)DF長友佑都(32=日本代表109試合)、サウサンプトン(英プレミア)DF吉田麻也(30=86試合)、マルセイユ(フランス)DF酒井宏樹(28=47試合)が合流。ほかにロシアW杯落選組のポルティモネンセ(ポルトガル)MF中島翔哉(24=3試合)、ザルツブルク(オーストリア)MF南野拓実(23=3試合)もチームに加わった。

 ボール回しの後に森保監督の青空ミーティングが5分以上行われ、それからランニング。合流組5人は別メニュー調整、ほかの18人はハーフコートを使った8対8などで汗を流し、午後6時30分に終了した。

 それにしても長友、吉田、酒井宏にロシアW杯組のハノーバー(ドイツ)MF原口元気(27=36試合)、ブレーメン(ドイツ)FW大迫勇也(28=33試合)を加えた5選手は「不安と楽観」の両極端の気持ちを持って合宿に臨んでいるのではないか? 

 元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏がこう言う。

「森保監督の初陣となったコスタリカ戦(9月11日)は、ロシアW杯に出場した欧州組が招集されなかった。そこで指揮官に猛アピールしたのが代表歴2試合のMF中島、やはり2試合だったMF南野、そして代表デビュー戦となったフローニンゲン(オランダ)MF堂安律(20)の攻撃系の選手たち。彼らは持ち味である高いテクニック、アイデア豊富なプレー、即興的な好コンビネーションを存分に発揮。コスタリカのチーム力がいまひとつだったとはいえ、ロシアW杯組は『侮れない』と不安な気持ちに襲われたことでしょう」

 とはいえ吉田、長友に酒井、さらには原口、大迫も<欧州のトップリーグで貴重な経験を積んできた>という自負があり、まだまだ<若い連中に負けてなるものか>という強烈な思いもあるはず。

「ロシアW杯組、W杯落選組、国内組たちがまざり合い、どんな化学反応を起こしてくれるのか、楽しみです」(六川氏) これもキリンチャレンジカップの見どころだ。

関連記事(外部サイト)